怪獣8号 5 ジャンプコミックス

松本直也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088828725
ISBN 10 : 4088828720
フォーマット
出版社
発売日
2021年12月03日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
196p;18

内容詳細

ついにその身柄を、防衛隊に拘束された日比野カフカ。そして防衛隊史上最強と謳われ、大怪獣2号の力を携えた四ノ宮長官により、カフカの処理が始まった。一方「人」であると主張するカフカは長官に応戦するも、怪獣8号の身体が制御不能になり…!? ――己を律する、第五巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちびbookworm さん

    ★4. 友人本。第1部隊隊長、つっよw 力で示せ。いい展開だね!◆作者にとって、「人生初の5巻目」らしいですw 面白すぎるから足りません。次巻楽しみです

  • keroppi さん

    スピード感と迫力いっぱいの戦いシーンが次から次へと。「行儀のいい無能ならいらん」なかなかカッコいいね。さあ、どうする怪獣8号。

  • かんけー さん

    読了♪前巻からの引きで、キコルの父ちゃんと死闘を繰り広げるカフカ!攻防は一進一退も?「...っざけんな!!キコルの目の前で父親殺してたまるかよ!!」制御不能の8号の身体をむち打ち決死の自問自答に陥るも、ミナの想いが...!長官はカフカに「お前の有用性を示せ」と告げる。カフカにとってやっぱりミナの存在が第一と言う描写は納得できるも?自分はキコル推しなんで、今後キコルとのエピソードが多く成りそうな気配ににんまり♪新キャラ鳴海、一筋縄ではないその立ち位置にGJ !ラスト近辺の迫力あるエピは→

  • 眠る山猫屋 さん

    カフカの願い、スレスレながら継続中。新たな配属先は鳴海率いる第一部隊。公私の差が激しい鳴海、なかなか。怪獣側も戦略的な攻勢をかけてくる中、実力を発揮できるのか。今までの仲間がキコル以外出てこない分、ちょっと寂しいかな。

  • こら さん

    待望の新刊!キコルのおっちゃんとの死闘を経て、ようやく防衛隊に受け入れられたと思いきや、怪獣9号の大攻勢にて、カフカまさかの…?この読者を飽きさせないスピーディーな新展開・新キャラ登場は作者の力量ですね。うん、鳴海隊長もいい感じだし♪彼のゲームを蹴っ倒した長谷川副隊長を許すな(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

松本直也に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品