DVD

ビートたけし 松本清張 点と線

松本清張

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GNBD7503
組み枚数
:
2
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
Squeez, 2007
追加情報
:
ビートたけし インタビュー
メイキング映像:豪華オープンセットの裏側とCGの秘密
PR映像集:みどころ紹介

商品説明

ビートたけしが、松本清張の最高傑作に挑む! 映像化不可能と言われた推理小説の不朽の名作が、初のテレビドラマ化。テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとして、2007年の11/24・25に2夜連続で放送、2夜とも23%超という高視聴率を記録! 原作は松本清張の最高傑作とも言われる推理小説です。

内容詳細

福岡市の海岸で発見された男女の死体。男は産業建設省課長補佐、佐山。女は東京の割烹旅館の仲居、お時。捜査を進める博多東署の鳥飼刑事と警視庁捜査二課の三原刑事は、ある重要な証言を得る。お時の同僚ふたりが、商事会社社長の安田を東京駅で見送ったとき、13番線ホームから線路を隔てた15番線ホームを歩く佐山とお時を見かけたというのだ。13番線から15番線が見渡せるのは一日のうちたった4分。そこに作為を感じた鳥飼は、やがて安田を容疑者と特定。が、彼には絶対に崩せぬアリバイが…。さらに事件の背景には大掛かりな汚職事件が絡んでいた—!

松本清張の原作をビートたけし主演で映像化したテレビ朝日開局50周年記念ドラマ。昭和32年、福岡市の海岸で若い男女の死体が発見された。心中ではないと睨んだベテラン刑事が、汚職事件の核心へと迫っていく。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

ディスク   1

  • 点と線
  • ビートたけしインタビュー:「点と線」の魅力を語る
  • 高橋克典インタビュー
  • メイキング:昭和30年代、よみがえる「点と線」の時代
  • 「点と線・第二部」みどころ
  • PRスポット集

ディスク   2

  • 点と線
  • 対談・ビートたけし×高橋克典
  • ビートたけしインタビュー:共演者たちの素顔と役づくり
  • メイキング:「点と線」の舞台裏こうして「点」と「線」はつながった
  • PRスポット集

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松本清張

1909(明治42)年12月、福岡県生まれ。1953(昭和28)年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞。56年、朝日新聞社広告部を退職し、作家生活に入る。63年、「日本の黒い霧」などの業績により第6回日本ジャーナリスト会議賞受賞。67年第1回吉川英治文学賞受賞。70年第18回菊池寛賞、90年

プロフィール詳細へ

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品