素人の乱

松本哉 / 二木信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309244471
ISBN 10 : 4309244475
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,251p

内容詳細

素人の乱、ただ今勃発中。祭りだ祭りだ、騒ぎだ騒ぎだ。世界は高円寺から変わる。噂の「素人の乱」全軌跡を総勢30名の証言と文章によってたどり、新しい生き方と反抗を提案する待望の1冊。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 無友 さん

    楽しいデモが始まった!乗り遅れるな!意外と前向きなデモに乗り遅れるな!私が知らぬ間に高円寺が大変な面白さになっていた。現代版百姓一揆を起こした素人の乱のメンバー。彼らが素人の乱の流れを語っています。楽しみは探せばけっこう出てくるものだ。そんなに素敵な美しい事を彼らはやっている訳ではないけれど、何だか楽しそうだ。見ていてこちらも気分が良いもの。

  • readtuktuk さん

    先月読んだ、松本哉『貧乏人の逆襲!』のサイドテキストのような本です。〈我々、貧乏人、役立たず、大バカ、ロクでなし、アホ、マヌケなどなど、その辺をウロウロしているとんでもない奴ら=「素人」が本気になって遊び始めたらどれだけ面白いことになるか?〉と、前書きで松本哉が書いてるけど、その面白いことを、彼ら=「素人の乱」に深く関わってる音楽ライター、二木信が司会役になっての、素人の乱関係者たちの座談会。高円寺にリサイクルショップ「素人の乱」ができるまでの歴史や、これまでのデモ(「自転車を返せデモ」「3人デモ」「PS

  • dubstepwasted さん

    彼らは働けない自分、貧乏な自分を責め、この世に存在してはいけないと思わされていた。高円寺に行ってみると、世の中に何の役にも立たなさそうな上に明らかに貧乏で、マトモな労働など到底してそうにない奴らが堂々とのさばり、叫び、踊り、果てはそれが合法的な「選挙活動」とか言ってるのだ。ふざけきっている。大量の貧乏人が何か大声で主張しながら生息している、その姿は何も言わなくてももう「無条件の生の肯定」を体現している。とにかくお前は生きていていいのだ、というメッセージを、高円寺一揆は発散していたのである。(雨宮処凛)

  • my_you さん

    PSEとかあったよねえ。

  • hayate さん

    大変「内輪」な話であるのは著者も認めているのだが、それがどうしてなかなか面白い。ただ馬鹿やってるようにみえて、素人の乱の意図しないところで、運動が広がっていく。反原発デモに知ったので、その歴史を知るにはちょうどいい本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品