軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い

松本創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492223802
ISBN 10 : 4492223800
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
松本創 ,  
追加情報
:
365p;20

内容詳細

第1回「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」ノミネート!
『朝日新聞』『日本経済新聞』『北海道新聞』『河北新報』『週刊新潮』『週刊現代』『HONZ』等で書評掲載。

真山 仁氏推薦!
「『遺族の責務』を探し続けた男が挑む不条理
闘う遺族を静かに寄り添うジャーナリストが辿り着いた
日本社会の欺瞞と脆弱」

「責任追及は横に置く。一緒にやらないか」
遺族と加害企業の社長。
相反する立場の2人は巨大組織を変えるためにどう闘ったのか。
あの事故から始まった13年間の「軌道」を描く。

私は、この事故を淺野弥三一という一人の遺族の側から見つめてきた。
彼の発言や行動は、これまで私が取材や報道を通して見聞きしてきた事故や災害の遺族とは何かが決定的に違っていた。
淺野の視点と方法論は独特で、語る言葉は時に難解で、JR西に対する姿勢は鋭く峻烈でありながら、柔軟で融和的に見えるところもあった。(「プロローグ」より)


<本書の内容>
乗客と運転士107人が死亡、562人が重軽傷を負った2005年4月25日のJR福知山線脱線事故。
妻と実妹を奪われ、娘が重傷を負わされた都市計画コンサルタントの淺野弥三一は、なぜこんな事故が起き、家族が死ななければならなかったのかを繰り返し問うてきた。
事故調報告が結論付けた「運転士のブレーキ遅れ」「日勤教育」「ATS-Pの未設置」等は事故の原因ではなく、結果だ。
国鉄民営化から18年間の経営手法と、それによって形成された組織の欠陥が招いた必然だった。

「組織事故」を確信した淺野は、JR西日本自身による原因究明と説明、そして、組織と安全体制の変革を求める。
そのために遺族感情も責任追及も封印し、遺族と加害企業による異例の共同検証を持ち掛けた。

淺野の思いに呼応し、組織改革に動いた人物がいた。事故後、子会社から呼び戻され、初の技術屋社長となった山崎正夫。
3年半でトップを退くが、その孤独な闘いは、JR西日本という巨大組織を、長年の宿痾からの脱却へと向かわせた。
それは、「天皇」井手正敬の独裁に依存しきった組織風土、さらには、国鉄改革の成功体験との決別だった。

淺野と山崎。
遺族と加害企業のトップという関係ながら、同世代の技術屋ゆえに通じ合った2人を軸に、
巨大組織を変えた闘い、鉄道の安全を確立する闘いの「軌道」を描く。
そこから見えてきたのは、二つの戦後史の「軌道」だった──。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鉄之助 さん

    福知山線・脱線事故の遺族の目から「巨大組織の迷走とその背後にある問題」をえぐった、意欲作。取材対象に選んだ人が、最適の一人だった。阪神大震災で復興へのコンサルタントとして、住民を支える側にいた淺野弥三一(やさかず)さん。一転して、この事故で被害の当事者となった。JR西日本の企業体質に迫っていく様子が、実に興味深かった。「誠心誠意の個別対応」というJRの建前から遺族の分断を図って、早期の補償交渉をまとめようとした大企業に対し、遺族の団結を呼びかけた。元・神戸新聞の記者だった著者のきめ細かい取材に好感。

  • TATA さん

    非常に骨太な作品。福知山線脱線事故後のJR西日本の迷走と遺族として社の膿みを洗い出そうとする戦い。前半の会社との戦いも読み応えがありましたが、後半の改善に向けた取り組みは社会人必見の内容ではないかと。単に会社を糾弾するだけではなく、ヒューマンエラーについて論じる点は非常によかったと思います。前に読んだ東芝についての作品が一方的な糾弾で気分がよくなかったのでね。

  • おかむら さん

    闘う遺族。JR西日本の企業体質を変えることは出来たのか。個人が大企業に挑むノンフィクション。一気読み! 報告しないでおこうという社風が怖いよ西日本。井出天皇の傲岸不遜ぶりも読みどころ。この本出たあとも、新幹線のぞみの事故があったよなーと、ちょっと暗い気持ちになる。頼むから反省を生かしてくれー。

  • detu さん

    福知山線脱線事故、見るも無惨な光景をよく覚えている。奥様と妹さんを亡くされ次女を瀕死の重体にされた被害者遺族、淺野弥三一(あさのやさかず)氏の視点で綴られたルポ。被害者という立場を一度横にしてJR西日本改革に真摯に立ち向かう。上意下達の帝国会社と真っ向からの侃々諤々は身を見張るものがあった。この書のキーワード『ヒューマンエラー』は何故起こるのか?JRの中にも人物はいた。『山崎正夫』当時起訴されるも無罪に違和感を覚えたがこの本で理解できた。JR西は変わったのか?そんな中昨年新幹線台車亀裂事故は起きた。

  • ぐうぐう さん

    福知山線脱線事故から今年で13年。本書は、事故の原因を特定し、犯人を糾弾することを目的としてはいない。浅野弥三一という、一人の遺族の目を通して事故と、事故後のJR西日本の対応を見つめるのだ。浅野は、事故で妻と妹を亡くし、次女は大怪我を負っている。事故直後こそ、憤りや哀しみによる感情に押しつぶされそうになるが、やがて浅野は、自分自身の感情を封印し、事故原因の究明と、そこから見えてくるはずの安全への具体策をいかに実効性のあるものにしていくかを追求していく。(つづく)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品