歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎

松島奈巳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784473042491
ISBN 10 : 4473042499
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

高麗屋三代の襲名も、『ワンピース』の大人気も、すべては、ここから始まった!演劇記者歴25年の取材秘話も満載。黄金期のステージがよみがえるノンフィクション回想録。「非公式」歌舞伎史1984〜1988。

目次 : 1984年(初体験は三代目市川猿之助―『極付獨道中五十三驛』7月・歌舞伎座/ 團十郎はワルいやつ?―『伊勢音頭恋寝刃』9月・歌舞伎座 ほか)/ 1985年(規格外の女形・坂東玉三郎―『桜姫東文章』3月・歌舞伎座/ 江戸荒事の大名跡「團十郎」が復活―『外郎売』5月・歌舞伎座 ほか)/ 1986年(最後の無頼派・尾上辰之助―『天竺徳兵衛韓噺』1月・国立劇場/ 梅幸が七代目菊五郎を継がなかったワケ―『寺子屋』1月・歌舞伎座 ほか)/ 1987年(十八代目中村勘三郎の「我が世の春」―『門出二人桃太郎』1月・歌舞伎座/ 女の園を激怒させた坂東三津五郎―『文七元結』3月・歌舞伎座 ほか)/ 1988年(はからずも兄弟競演となった松本幸四郎―『菅原伝授手習鑑』2月・歌舞伎座/ 團十郎の勘平―『仮名手本忠臣蔵』3月・歌舞伎座 ほか)

【著者紹介】
松島奈巳 : 演劇記者。1965年静岡県生まれ。筑波大学日本文学科卒業(歌舞伎専攻)。総合週刊誌の演劇・映画担当記者を経て、放送専門誌『GALAC』(放送批評懇談会)や演劇情報誌『シアターガイド』他で、演劇コラムやインタビュー記事を執筆。2007年から、筑波大学非常勤講師(「ジャーナリズムとメデイアの現在」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こーこ さん

    私の知らない、私が生まれた頃の歌舞伎役者のお話。お亡くなりになり出会えなかった場面は数知れず、尊いお話ばかりです。そして今、現役で演じられている彼らを見れている奇跡に感謝。

  • ケン・リヴィングストン さん

    現在の歌舞伎を牽引するスターたちの動きを1984年から88年にかけての時期の興行に舞い戻って考察することでその実像に迫る意欲作。この頃関東の大学に進学した著者は凄まじいエネルギーで毎月片っ端から歌舞伎の芝居を観劇する。本書はその観劇記を中心に当時、そして現在の歌舞伎界が語られるが、これが凄い。新作歌舞伎や復活狂言から踊り・時代物の名作まで、これを読めばあなたもきっとちょっと歌舞伎でも見に出かけてみたくなる。

  • pook さん

    私が歌舞伎にはまっていた頃の事ばかりで、懐かしく読みました。? 改めて、素晴らしい名優達の舞台を観る事が出来たのだ、と思います。 先代猿之介のヤマトタケルを初演で観ました。 昨年ワンピースを観て、舞台から伝わる熱が頼もしく、スーパー歌舞伎が今も続いている事に泣きそうになりました。?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松島奈巳

演劇記者・ライター。1965年、静岡県生まれ。筑波大学日本文学科卒業(専攻は、歌舞伎)。1988年、新潮社入社。『芸術新潮』編集部、『週刊新潮』映画演劇担当などをへて、2018年退社。2007年より筑波大学非常勤講師(「変貌するメディアと社会」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたも

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品