遊読365冊 時代を変えたブックガイド

松岡正剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784875024972
ISBN 10 : 4875024975
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
荒俣宏 ,  
追加情報
:
224p;20

内容詳細

「読書は男のケンカだ」の33冊から「読書で一番遠いところへ行く」ための31冊まで。伝説の読書ガイド、37年ぶりに復活!

目次 : 読書はイマジネーションにはじまる/ 読書は男のケンカだ/ 読書が記憶の気配をふるわせる/ 読書で自分をあらためて知る/ 読書は見るものかもしれない/ 読書でジャパネスクに耽る/ 読書が生命と宇宙の謎をとく/ 読書は大いなる遊戯である/ 読書を荒俣宏にまかせてしまう/ 読書そのものを読書する/ 読書が歴史の矛盾を告示する/ 読書で一番遠いところへ行く

【著者紹介】
松岡正剛 : 1944年1月25日、京都出身。早稲田大学を中退後、高校生のための読書新聞『ハイスクールライフ』編集長を経て、1971年、オブジェマガジン『遊』創刊とともに工作舎を設立。処女エッセイ集『自然学曼陀羅』刊行以後、やはり多くの刺激的な著作を連打

荒俣宏 : 1947年7月12日、東京出身。少女マンガ家を志すが、慶應義塾大学卒業後は、日魯漁業コンピュータルームに勤務するかたわら幻想文学の翻訳紹介に没頭。紀田順一郎と雑誌『幻想と怪奇』(1973‐74・歳月社・全一二冊)を発行する。1977年に自著としての処女作『別世界通信』(月刊ペン社)を上梓。以来、異色の著作群の発表を続けているが、『大博物学時代』(工作舎)で博物学ブームの先鞭を告げ、小松和彦との対談集『妖怪草紙』(工作舎)が妖怪ブームの発火点となるなど、その後の日本の文化状況に多大な影響を与えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マエダ さん

    本の紹介本だが、ここまで読みたいと思う本がないのも珍しい、それが逆に興味深い。

  • ruki5894 さん

    へぇ〜とか、ほぉ〜とか。「読書には必ずやリーディング・パフォーマンスがあって、そのための振り付けや痕跡があるはずである」(p219)松岡さんは「おそらく読書行為のときの入力(読出)と出力(思う)のプロセスが異なっていて、それを読書のたびにリバースエンジニアリングするのとが、とても有効な手立てになったから」と書いてある。なんか、わかるな。

  • Akito Yoshiue さん

    読みたい本がまた増えた上にどれも古書価が高い!全部買うのは無理そう。

  • きゅー さん

    1981年に刊行された雑誌「遊」8・9月合併号にあたって「松岡正剛が選ぶ365冊の遊学」が書き下ろされた。本書のメインの部分はそのときの特集となる。さすが知の巨人、松岡正剛といわんばかりのセレクション。これを書いた当時、彼はまだ30代だった。若さに任せて勝ち気で尖ったコメントも多いが、その後の活躍ぶりを見ればむべなるかな。荒俣宏も十数冊ほど本の紹介をしているが、これもまたマニアックすぎる。しかし刊行当初からすでに40年近く経っており、紹介されている本はさすがに古いものばかり。

  • たかしくん さん

    図書館本。1981年発表。本のセレクションは、正に松岡正剛さんです!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松岡正剛

編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。日本文化、芸術、生命哲学、システム工学など多方面におよぶ研究を情報文化技術に応用する「編集工学」を確立。2000年、イシス編集学校をネット上に開校し約600名の師範代を育成。編集術を広く伝授している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品