ヒトラーの試写室 角川文庫

松岡圭祐

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041066850
ISBN 10 : 4041066859
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
480p;15

内容詳細

戦下の日独映画界、衝撃と感動の物語!

1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説。

書評家から熱い賛辞が続々!

「すでに八〇年近く昔の話とはいえ、ネット上に巧妙につくられたフェイクニュースが流布している現在、映像によるプロパガンダは古くて新しい問題だと言える。この物語が単なる歴史を題材にした小説に終わっていないのは、このテーマに今日性があるからだ。」
タカザワケンジ(書評家) (解説より)

「特撮の舞台裏を描くことで戦争の舞台裏を描く、その試みには明らかに「ポスト・トゥルース」に象徴される現代社会の潮流――信じたいものを信じるために、事実に目をつぶる――が反映されている。あるいは、先の大戦を語ることへの過剰な情熱、過剰なフォビア(恐怖症)が渦巻く日本の空気が、ありありと。この小説が二〇一七年の今書かれたことには、意味がある。」
吉田大助(ライター)


【著者紹介】
松岡圭祐 : 1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のり さん

    史実にそった作品。柴田彰は、後に円谷プロの創設者となる円谷英二の下で特殊撮影の技術を学ぶ。時は大戦にさしかかる中、日独の共作映画に携わる。技術を買われ、ナチスから指導者として招かれる事に。妻子を残し独に航るのは断腸の思いだっただろう。純粋な特撮への想いが、徐々に政治色が濃くなっていく。利用された現実、大戦も終局間近。祖国に残した家族を想いながらの絶望感。夫・父・技術者・一人の人間としての葛藤に深く揺さぶられる良作。

  • 小説を最初に書いた人にありがとう さん

    設定は映画向き。内容も戦時中の映画特殊撮影班の話だった。実名の登場人物も多くどこまで実話なのかクグりながら読み進めた。展開、構成ともに良くできていてお金をかけて、豪華キャスティングをすればかなりの興行収入が見込める映画になりそうな気がする。主役は岡田准一、奥さんは宮崎あおい、かな。ひとつ気になるのは戦争・ドイツをテーマにしながら反戦をもっと示唆しなくていいのか、ナチスの上層部の最期のシーンを感動的に描いていいのか。日本の攻撃はよくて攻撃されるのは辛い表現。ここを除けばエンターテイメントとして楽しめました。

  • はたっぴ さん

    昨年来、史実から発想された著者の作品を数冊読んできたが、今作もナチスドイツを題材に斬新な切り口で描かれた読み応えのある一冊だった。人々の娯楽である映画を、戦時中に政治目的で利用した国々。特殊撮影に携わる円谷英二の下で技術を磨いた主人公が、ナチスのプロパガンダのためにドイツに招聘され、映画撮影を手伝う過程で知らされた驚きの事実とは…?過去に何度か東宝の撮影所に出向き、大道具に囲まれた撮影風景を遠目に見ながら、映画作りに携わる人達の思いを肌で感じたことがあり、感動が甦る読書だった。著者の歴史物はどれも面白い。

  • chiru さん

    戦時中に、ドイツ制作映画の作成班に参加した日本の特撮技師。ドイツ人と苦労を乗り越えて作品を完成させる純粋さが、プロパガンダに利用された屈辱や、家族の命と数百万人の命を容赦なく天秤に乗せられ選択を強いられる戦争の残酷さに、胸が震えて止まらなくなった。 真実を隠すメディアに惑わされ、葛藤しつつも自分の正義を見失わなかった登場人物たちに訪れるエピローグが、胸に沁み入る傑作だと思いました。 ★5

  • キムチ27 さん

    「史実から発想された」物語の深さに素晴らしい興趣を感じる事が出来た。20世紀の怪物ヒトラ―に関する分析が多い中、こういった切り口はとても面白い。ゲッペルスと円谷を対峙させ、柴田(仮名)という男の半生にスポットライトを当てる。そこから浮かび上がるのは暗雲垂れ込める世界大戦の最中、日独の思惑の丁々発止がいかに人を狂わせ、蟻の如く踏みつぶされて行ったか。。作家のペンで内面を語らせることによるリアリズムへの歩み寄りは更に読み手を思惟へ誘う。プロパガンダの怖さは今でも潜んでいるがナチスのそれが嚆矢という気がする・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松岡圭祐

1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品