芭蕉さん 講談社の創作絵本

松尾芭蕉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061333130
ISBN 10 : 4061333135
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
44p;22

内容詳細

こどもも大人も「そうなんだ!」おもしろくてためになる俳句入門えほん。俳人にして芭蕉研究の第一人者が選びぬいた全二十一句を、楽しい絵とともに紹介。

【著者紹介】
松尾芭蕉 : 1644年(寛永21年)〜1694年(元禄7年)、伊賀上野(現在の三重県伊賀市)生まれ。俳句の聖人「俳聖」と呼ばれる、史上もっとも偉大な俳人。俳句の世界に「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風を確立した

丸山誠司 : 1968年、岐阜県生まれ。イラストレーター、絵本作家。大阪府立大学、Masa Mode Academy of Art卒業

長谷川櫂 : 1954年、熊本県生まれ。俳人。東京大学法学部卒業。「朝日俳壇」選者、ネット歳時記「きごさい」代表、東海大学文学部特任教授。『俳句の宇宙』でサントリー学芸賞、句集『虚空』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あおい さん

    「古池や蛙飛びこむ水のおと」など松尾芭蕉の代表的な俳句21句をぴったりのイラストと共に。芭蕉の旅の道筋を辿った地図、人物紹介、俳句についての解説もあります。訳もわかりやすいので子供の音読に良さそう。

  • 遠い日 さん

    芭蕉の句を21句。よく知られた有名な句ばかりなので、入門書としてはばっちり。「暑き日を 海に入れたり 最上川」、好きな句です。

  • choco さん

    前半は小学3年生の国語の教科書に載っている俳句を中心に21句。後半は「芭蕉さんて、どんな人」「俳句って、どんな詩?」などのコーナー。最後には21句とその解説と季語が載っている。途中に、『おくのほそ道』で芭蕉さんが歩いた道のりの地図のページがあって楽しいし想像も膨らんだ。

  • のどか さん

    「物いへば 唇寒し 秋の風」 俳句に興味が出てきた。

  • kikiみみ さん

    蛸壺や〜 明石のタコの句という解説だけど、芭蕉さんの頃はまだ明石焼きは無いのではないかな… 色々ツッコみたくなる。イラストありき…でしょうか(辛口ですかね‪‪💦‬)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松尾芭蕉

1644‐1694年。江戸時代前期の俳人。伊賀上野に生まれ、武家奉公をしつつ俳諧になじむ。江戸で宗匠となり、晩年の10年間は旅と庵住を繰り返しつつ、俳諧の革新を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品