おくのほそ道 芭蕉・蕪村・一茶名句集 日本の古典をよむ

松尾芭蕉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093621908
ISBN 10 : 409362190X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,317p

内容詳細

いつ読んでも新しい、三大俳人の名句の数々。本書は、芭蕉の代表的な俳文「おくのほそ道」の全文と、芭蕉・蕪村・一茶それぞれの代表的な句を収録。原文の魅力をそのままに、現代語訳と解説ですらすら読める新編集。

【著者紹介】
井本農一 : 1913年、山口県生れ。東京大学卒。近世文学専攻。お茶の水女子大学名誉教授。1998年逝去

久富哲雄 : 1926年、山口県生れ。東京大学卒。近世文学専攻。鶴見大学名誉教授。2007年逝去

堀信夫 : 1933年、大分県生れ。東京大学卒。近世文学専攻。神戸大学名誉教授

山下一海 : 1932年、福岡県生れ。早稲田大学卒。近世文学専攻。鶴見大学名誉教授

丸山一彦 : 1921年、栃木県生れ。東京文理科大学卒。俳文学専攻。宇都宮大学名誉教授。2004年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • syota さん

    『奥の細道』をゆっくり読んだが、ぎりぎりまで言葉を削ぎ落とした簡潔そのものの文章がすごい。例えば「草鞋ながら書捨つ(草鞋をはいたまま推敲もせず書き与えた)」。これでちゃんと文意が通じてしまう。俳人芭蕉ならではの省略の美学を見る思い。内容面では、前半の高揚感と後半の疲労感が印象的だ。さすがにこの大旅行は、老境に入った芭蕉にはきつかったのだろう。やっとのことで大垣に到着するが、疲れも取れないうちに今度は伊勢へと旅立っていく。旅に死ぬのは本望といわんばかりのすさまじい気迫。俳諧にかける執念に圧倒される。

  • 鮎 さん

    芭蕉と蕪村は初のまとめ読み。【芭蕉】おくのほそ道/軽みが心地よい句にくらべて、地の文のなんと濃く堅いこと。ストイック&クレバーな新しい芭蕉像が閃く。やはり平泉「夏草や兵共が夢の跡」、最上川「さみだれをあつめて早し最上川」が好き。他、辞世に近い「旅に病んで夢は枯野を駆け廻る」も狂おしく切ない。【蕪村】遅き日のつもりて遠きむかしかな/硝子の魚おどろきぬ今朝の秋/鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉【一茶】前から好きだった一茶の句、けれど今は子どもの不幸を読むのが辛かった。興味の尽きない人なので、そのうちまた改めて。

  • denken さん

    p287「うつくしやせうじの穴の天の川」で私が直感的に思い浮かべた解釈は,暗い部屋から布団に寝た姿勢で,虫に喰われてぼろぼろの穴だらけになった障子(ちゃんと手入れをしないとこうなる。わかんないけどシミか何かが食ってるんだと思う。点々とした小さな穴があく。)が月灯りで照らされるのを見て,天の川を連想したのだとするものです。だって障子の破れ穴を覗くなんて変ですよ。でも実際虫に喰われた障子を見てみないと想像つきにくいのかもなあ。小林一茶いいなあ。なんかひねちゃった感じが。

  • sumie さん

    「おくのほそ道」、たいへん読みやすくしてありました。芭蕉に共感しちゃってる自分にびっくり。蕪村の魅力はあまり伝わらなかった。それは残念だけど、一茶はすっかりファンになっちゃいそうな、そんな読後感です。

  • 三木 さん

    わかりやすく訳された文章で読むと、名紀行文もなかなか可愛い粋なおじさんの旅物語で、とても面白かった。弟子の曾良が最後に伊勢から来てくれるところなんかちょっと感動。名句集は一茶が白眉。この屈託のなさはすごい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松尾芭蕉

1644年(寛永21年)〜1694年(元禄7年)、伊賀上野(現在の三重県伊賀市)生まれ。俳句の聖人「俳聖」と呼ばれる、史上もっとも偉大な俳人。俳句の世界に「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風を確立した

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品