松尾潔のメロウな季節

松尾潔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907435509
ISBN 10 : 4907435509
フォーマット
発行年月
2015年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;19

内容詳細

帯文:菊地成孔、鈴木雅之、久保田利伸


至上のR&B愛、再び。

大ヒットした第1弾『松尾潔のメロウな日々』から12ヶ月。今ひとたび、この男と共に音楽史を追体験する季節がやってきた。

EXILE、平井堅、CHEMISTRYから久保田利伸、鈴木雅之、JUJUまでを手掛け、若くしてJ-POP〜J-R&B界におけるリヴィング・レジェンドとなったKCこと松尾潔。そんな彼が満を持して放った初めての音楽専門書が90年代アメリカ産R&Bへの熱い想いを書き綴った前作『松尾潔のメロウな日々』(通称・赤メロウ)だった。

発売直後から品切れ状態を起こし、「音楽不況と出版不況のダブル閉塞状態を打破した」と話題を呼んだ同書……その続編がついに登場する!

ホイットニー・ヒューストン&ボビー・ブラウン、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンら、R&Bヒストリーに輝くアーティストたちの光と影を見つめた珠玉のR&Bエッセイにして、真摯な音楽評論集。日本語で書かれたR&B関連書籍の最高到達点が更新される。

著者について

松尾潔(まつおきよし)
1968年1月4日生まれ、福岡県出身、音楽プロデューサー/作詞家/作曲家。Never Too Much Productions 代表。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲・プロデュース)で第50回 日本レコード大賞を受賞。早稲田大学在学中にR&Bやヒップホップを主な対象として執筆を開始。ジェームズ・ブラウン単独インタビューをはじめ、米英での豊富な現地取材をベースとした評論活動、多数のラジオ・TV出演を重ねる。久保田利伸との交流をきっかけに90年代半ばから音楽制作に携わり、SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。その後、プロデュースした平井堅、CHEMISTRYをスターダムに押し上げた。また東方神起、Kといった韓国人アーティストの日本デビューに関わり、K-POP市場拡大の原動力となる。その他、プロデューサー、ソングライターとして、EXILE、JUJU、由紀さおり、三代目J SOUL BROTHERS など、数多くのアーティストの楽曲制作に携わり、累計セールス枚数は3000万枚を超す。主な作品にCHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」、平井堅「KISS OF LIFE」、EXILE「Lovers Again」、東方神起「明日は来るから」、K「Only Human」、JUJU「この夜を止めてよ」「ラストシーン」など。2013年、イギリス発の世界的人気オーディション番組『Xファクター』の日本版『X factor Okinawa Japan』の審査員に就任。NHK-FMの人気番組『松尾潔のメロウな夜』は放送6年目を数える。

【著者紹介】
松尾潔 : Kiyoshi“KC”Matsuo。1968年1月4日生まれ。福岡県出身。音楽プロデューサー/作詞家/作曲家。Never Too Much Productions代表。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲・プロデュース)で第50回日本レコード大賞を受賞。早稲田大学在学中にR&Bやヒップホップを主な取材対象としてライター活動を開始。米英での豊富な現地取材をベースとした執筆活動、多数のラジオ・TV出演を重ねる。プロデューサー、ソングライターとしてEXILE、JUJU、由紀さおり、三代目 J Soul Brothersなど数多くのアーティストに提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tamioar さん

    第一級の青春文学。今後も黄メロウ、緑メロウと出して欲しい。あと、端的に羨ましい。

  • Hirofumi Saisu さん

    前作よりも面白かった。好きなアーティスト、よく知っているアーティストについて詳しく掘り下げて書かれていたから。そのアーティストに対する愛情たっぷりながら、冷静で客観的な視点を失わずに書かれているので、安心して読める。それがこの人の文章の信頼できるところ。若干かっこつけたというかかっこよすぎるところも許容範囲。強いて言えばホイットニーについての最終章は、ちょっと物足りない感じ。もっともっとホイットニーについても書いてほしかった。今後もメロウシリーズが続くことを願っています。(前作は図書館、今作は購入。)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド