CD

TEARS AND REASONS

松任谷由実

基本情報

カタログNo
:
TOCT6800
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

年末恒例、ユーミンの新譜です。今回のテーマは“傷つく勇気を応援します”ということだそうだが、さすがにうまく作り込まれたサウンドと詞が詰め込まれている。またまたバカ売れしそうだ。といっても今回はちょっと煮詰まり気味かな?(熊)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”無限の中の一度””恋の一時間は孤独の千...

投稿日:2009/04/09 (木)

”無限の中の一度””恋の一時間は孤独の千年”・・ノリがよく、かつメロディもいい曲 満載です。”私らしく”の好きだけどなぁ。ここでの評価が低いのは、昔からのファンが購入層にいないからでしょ、きっと。

キャン さん | キャン | 不明

0
★
★
★
★
☆
Carry Onは超名曲! ベストには入れないの...

投稿日:2007/09/25 (火)

Carry Onは超名曲! ベストには入れないのが不思議でならない。

かるま さん | 不明

0
★
★
★
★
★
おじさんおばさんがバブルに浮かれていた頃...

投稿日:2007/03/14 (水)

おじさんおばさんがバブルに浮かれていた頃中高生だった沈黙の世代〈75年から80年生まれ〉の自分にとってユーミンは理想の大人です。次々仕掛けられる風俗にまみれていた90年代。そんな色に汚される事のないユーミンの歌は自分の人生観を少しずつ育ててくれました。ティアーズアンドリーズンズは自分の痛みをあらためて見つめるような強さがあるアルバム。

緑のクーペはユーミンのもの さん | JAPAN | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松任谷由実

新たなスタンダードを創り出すアーティスト松任谷由実。 いつまでも、いつ聴いても変わることのない確かなソングライティングに裏付られた普遍的なメッセージ。詩、歌、アレンジ、全てからにじみ出てくる日本的情緒感溢れる楽曲は時に励まし、時に癒す音楽界の大和撫子のような存在なのです。

プロフィール詳細へ

松任谷由実に関連するトピックス

おすすめの商品