麒麟の翼 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062777667
ISBN 10 : 4062777665
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
追加情報
:
372p;15

内容詳細

誰も信じなくても、自分だけは信じよう−−。父が息子に、息子が父に抱いていた、本当の思いとは。加賀シリーズ第9作待望の文庫化!

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2013年『夢幻花』(PHP研究所)で第26回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
東野圭吾さんの『加賀恭一郎』シリーズは大...

投稿日:2021/07/06 (火)

東野圭吾さんの『加賀恭一郎』シリーズは大好きで全部読みましたがこの作品は加賀シリーズの中でもかなり好きです。犯人の動機、ネタバレになってしまうので詳しく書けませんが父親が息子に対する気持ちにはとても胸を打たれました。おすすめしたい作品です。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
登場人物の人間関係などに伏線があったりし...

投稿日:2021/07/04 (日)

登場人物の人間関係などに伏線があったりして、ドキドキしながら読み進めました。映画化されるだけあり、面白い作品です。

AYA さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
加賀さんの作品です。こちらも俳優の阿部ち...

投稿日:2021/04/17 (土)

加賀さんの作品です。こちらも俳優の阿部ちゃんで映画化された鉄板ものですね。東野圭吾シリーズものの代表作です。

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nobby さん

    加賀シリーズやはり好きです。前作と同じ日本橋が舞台もあってか人間味溢れる捜査が素晴らしい。その事件の真相にたどり着くことはとても無理だが、散りばめられた伏線を回収していく後半はお見事!『麒麟の翼』それに込められた様々な人物の想い、最後は涙涙でした。これは映画見て実際の土地勘をじっくり味わいたい。

  • KAZOO さん

    文庫での加賀シリーズの最新作です。すでに映画も見ていて内容はわかっているのですが、イメージ的にもキャストはぴったりの感じでした。さまざまなちょっとしたことが絡んでこのような事件を複雑にしてしまうということで事件の持って生き方がうまいと感じました。またある意味家族がらみの話だという気がしました。

  • mizshnami さん

    不幸が重なり、保身が事件を複雑にした。加賀刑事の最大の武器である粘り強さが真相を究明したが、この物語は世の父親に子育てという難題をあらためて投げかけたのではないか。我が子の幸せを願うのは親として当たり前だが、どんな道を歩ませるか。その分岐点に立った時、青柳武明のような決断ができるか。自分自身に問いかけられているような気がした。

  • おしゃべりメガネ さん

    7年ぶりの再読でしたが、やはり最後は思っていた以上に涙腺がヤラレてしまいました。珍しく?加賀さんがアツくなるシーンが描かれ、そんな加賀さんのセリフにシビレてしまいます。本作に限らず、加賀さんのシリーズは家族や親子の愛、友情としての絆の大切さが多数描かれていますが、教育もまた大切なテーマとして扱われています。年頃の子を持つ親となった自分が改めて読み返すとココロにズシンと響く感じが残りました。大切な人を信じ続ける信念の強さや、本当に大切に守るべきものは何なのかを改めてしっかりと考えさせてくれる作品でした。

  • きゅっぷりん さん

    ★★★★☆ 加賀シリーズ9作目長編 日本橋を舞台にした人情ドラマに重きを置いた良い意味で派手さのないミステリー 五街道の起点となる日本橋の麒麟の象の翼にはそういう意味が合ったのねと妙に納得 新宿渋谷も良いけど古き良き東京の下町もよかよね 日本橋署に異動してからの後半の加賀シリーズは特に絶品 この辺りの土地感がある方は更に楽しめるであろう小説です 映画の被害者役が中井貴一さん絶対ハマりだなぁ…あの女性の役がガッキー これは絶対映画も観なきゃ 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品