沈黙のパレード

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163908717
ISBN 10 : 4163908714
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
440p;19

内容詳細

秋祭りのパレードで、ある殺人が起きる。容疑者は街の人々全て! 哀しき復讐者たちが、湯川や草薙、内海薫の前に立ちはだかる。


『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛した普通の人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、沙織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
歌手として将来を嘱望されていた若い女性の...

投稿日:2018/12/12 (水)

歌手として将来を嘱望されていた若い女性の突然の失踪、そして発覚する殺人。しかし、黙秘を貫く容疑者は処分保留に。 挑発的な容疑者の態度に、被害者の周りの人々が立ち上がる。そして起こっていく悲劇、想像もつかない過去の出来事… 犯人はわかっている、と思いながら読んでいたけれど、まさかのどんでん返し。今回のガリレオ湯川先生は、とても情に厚い。「容疑者Xの献身」が今もなお心にかげを落としていることが読み取れて。 被害者の回りにいる人たちのやりきれない思いが随所に滲み出ていて、この事件にガリレオ先生が関わったことはひとつの救いだなぁ、と思う。好きな作品です。

yupi さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    ランキング本でかなりの好評。ガリレオシリーズは『容疑者Xの献身』のみ既読。犯行方法自体は、正解ではないものの、基本形がかなり早い段階で明かされ、他の部分で何か仕掛けがあるんだろうなと予想はしていたが、後半でその上を行く畳み掛けがあった。犯人の設定や、終盤で被害者の印象をガラッと変えてみせるあたり、クリスティっぽいと感じる部分がたくさんあったのはたまたまか。本当にこんな無駄に大勢を巻き込む面倒なやり方しかなかったか?という疑問と、増村の行動が、肝心な部分で物わかりが良すぎて不自然すぎるなと感じたくらい。

  • starbro さん

    東野 圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。ガリレオシリーズ、安定の面白さ、440頁一気読みしました。「沈黙は金」ということでしょうか?「目には目を歯には歯」、私はハムラビ法典を支持しています(笑)人を二人殺して死刑にならないなんて、納得いかな〜い!(ハズキ・ルーペ 渡辺 謙 風で)

  • まるけん さん

    はぁ。久々のガリレオ。あのテーマ曲、『知覚と快楽の螺旋』が脳内にこだましましたっ。相変わらず彼の推理は凄かった。でもガリレオも年をとり、そのせいか少し丸くなったような感じもしたな。思い浮かぶシーンがネタバレに繋がるのでこれ以上はムリだが、あの名作、『容疑者Xの献身』の匂いがする作品でもございました。あぁ、せつなかぁ…。それにしても、草薙が湯川にあげた『オーパス・ワン』、また飲みたいなぁ。この思いを払拭すべく❓、『イリュージョン』へ。

  • bunmei さん

    研究のためにアメリカに渡った湯川博士の復活。立ち居振る舞いは相変わらずクールで、一つ一つの仮説を積み上げながら、キレキレに殺人事件の謎に挑みます。湯川博士の会話を読んでいると、どうしても福山雅治のしゃべりで読んでしまうのは私だけではないはず(笑)人が殺意を抱く動機は、ほんとに苦しいものがありますね。今回は、オリエント急行殺人事件を思い起こさせる絡み合った恨み辛みが、事件の裏に張り巡らされています。湯川教授が、草薙・内海の両刑事と真相に迫る中、そこには、様々な負の感情が交錯する結末が待っています。

  • Yunemo さん

    表題の意味を読了して理解。なるほど凝った表題、伴う 内容、湯川・草薙・内海のそれぞれの動きと推理力、身に沁みて。でもアメリカ帰り、科学的根拠という面においては全く触れられずに、論理的思考の結果論としての推理方法にまた新鮮さが。もう一点、以前のガリレオ、合理性を主に生きてたはず、が多分に情の世界に足を踏み入れて、人と接している場面も見受けられ、これはこれで新鮮。友人、親子、夫婦、それぞれの生き方に、信頼感に、物語が構成されてます。沈黙の重なりが複雑さを増していった本作品。一つ一つ紐解く推理力に感嘆したまま。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品