時生 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062751667
ISBN 10 : 4062751666
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
追加情報
:
15cm,533p

商品説明

「あの子に訊きたい。生まれてきてよかった?」
悩む妻に夫が語る、過去からの伝言

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、20年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

内容詳細

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ミステリー要素はそんなにありませんが、登...

投稿日:2021/07/04 (日)

ミステリー要素はそんなにありませんが、登場人物に引き込まれて、面白く読むことができました。一気読みしてしまいました!

AYA さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
最後の1行を読んで1ページ目を読み返しまし...

投稿日:2018/05/18 (金)

最後の1行を読んで1ページ目を読み返しました。ファンタジー的要素は強いけど、自然に世界観に入り込めて、強く心を打たれるような内容です。親子の絆、愛情って偉大。

1717 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    本書の前に発表された『レイクサイド』では親は子供のためにはどんなことでもやるのだということを歪に、陰鬱なムードで語ったが、本書は子供は親にとってどんな存在なのか、そして子供は親をどこまで信用し、慕うことができるのか、と子供の側から親子の絆を描いている。つまり2作は全く物語の色調は違うが表裏一体なのだ。そして親にとって子供とは未来なのだ、どんなに辛くてもこの子のために生きていかねばならないという生への原動力となる存在なのだと高らかに謳っている。実にストレートな“泣ける物語”だがたまにはこんな東野作品もいい。

  • ヴェネツィア さん

    この作品の着想の元になったのは、ロバート・ゼメキスの"Back to the Future"だろう。ただ、私は主人公の拓実がどうも好きになれず、共感もしにくいのである。もっとも、その代わりにもう一人の主人公トキオには感情移入しやすいのではあるが。あるいは、それも作者の計算の内であったかもしれない。他の登場人物では大阪のツッパリ姉ちゃん竹美がなかなかに痛快である。また、プロットは最初から通常の意味でのリアリティを捨てている分、叙述に力が入る。そうは言っても随分ご都合主義的であることも否めないが。⇒

  • どんちん さん

    SFファンタジー的な話は好きだ。が、これほどイラつき、不愉快な思いをした本は初めてだ。それでも読んだのは、父である拓実に、どういう経緯で変わったか、それを見届けたいということにつきた。作者によると、「バカを書きたかった」ようだが、こいつはバカというレベルか?非常識の塊だぞ、本当に東野圭吾はこいつが一番好きなキャラなのか?と、とにかく八つ当たりをせずにはいられなかった。とはいえ、エンディングはすっきりとしており、また感動するものであった。この感動を素直に受け入れることにより不愉快な思いが報われた気がする。

  • むらKみ さん

    家族の絆を考えさせられました。時生の人生は短かったけど充実してたと思いますね。どんなに辛い境遇でも必ず生まれてきた理由があるんだよって。内容はSFですがダメ男になりそうな父親を更生?させ、母親の命を守るため歴史を少し変えた息子の達成感が伝わってきました。 東野圭吾おそるべし。(^^) 

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    SF物。最初につながる終わり方がちょっぴり切なくてイイ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド