探偵ガリレオ 文春文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167110079
ISBN 10 : 4167110075
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
追加情報
:
16cm,330p

商品説明

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。解説・佐野史郎。

内容詳細

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
【概要】 物理学者・湯川学と刑事・草薙俊...

投稿日:2010/01/15 (金)

【概要】 物理学者・湯川学と刑事・草薙俊平のコンビが活躍するシリーズ第1弾。 常識では考えられない現象に天才科学者が立ち向かう。 ”燃える”, ”転写る”, ”壊死る”, ”爆ぜる”, ”離脱る”の5編を収録。     【感想】 短編集ということもあって、非常に読みやすかったです。 トリックも非常に凝った感じで、というかマニアックで… 理系工業系の私はだいたい理解できましたが、ちょっと難しいと思われる方もいらっしゃるかも。 あとは、湯川助教授のキャラクターですね。 事件解明までのもったいぶった感じとか、ちょっとした茶目っ気のあるとことか、子供嫌いなとことか… それにケチをつけることなくついていく草薙刑事とは、まさに”名コンビ”と言えるんじゃないでしょうか。

NoViTa さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
福山雅治の主演でTVドラマ化された科学的解...

投稿日:2009/12/16 (水)

福山雅治の主演でTVドラマ化された科学的解明を軸に据えた推理もの。多くの科学(化学)現象を巧みに織り込み、非常に面白い筋立てに仕上がっている。作中で行われる実験を実際に見てみたいと感じたのは自分だけではないはず。

サニーデイズ さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    『名探偵の掟』、『名探偵の呪縛』の後に刊行されたのが本書。その内容はバリバリの理系本格ミステリ。先の作品で本格ミステリへの訣別宣言とも取れる文章を書きながら、直後に発表された。つまり本格ミステリからの訣別ではなく、もう1段上を目指した本格ミステリを書くという宣言だったのか。人智を超えた現象を科学の知識で人間の理解できる領域に落とし込むのがガリレオシリーズの特徴。つまりHowdunitを追求した本格ミステリ。しかしいきなり湯川が5編目でガリレオと呼ばれているのには驚いた。どこかに理由書いてあったっけかなぁ?

  • 愛の伝道師カロン@現実から逃げますよっ さん

    面白かった。んー、やっぱりドラマを観ていたせいか、どうしても福山雅治になってしまうのぅ。ほんとは佐野史郎がモデルらしいが、東野さん、なにか勘違いしたのだろう。柴咲コウがいなかったのは残念だったが、草薙さんのキャラがそれを補ってあまりある。ガリレオシリーズはすでに全巻買いそろえたので、これから楽しみはまだまだ続くのであった。

  • mitei さん

    色んな化学現象で殺人する方法があるんだなぁというのが感想。しかし湯川教授じゃなくても分かる人は多そうというのは禁句?

  • どんちん さん

    なるほど、これがガリレオ第1弾ね。全て記憶にあるわけではないが、先にTVシリーズをみたせいで、なんとなく先が見えてしまったのが、残念であった。内容としては、あっさりとした感じもするが、まとめて読むとそれなりのボリュームを感じるのは、やはり自分の知識のないところで話が展開するせいだろうか。それでも最後まで楽しめる作品なのがさすがというべきところか。蛇足だが、TVシリーズは水戸黄門のごとく、「先生そろそろお時間です、いつもの数式をお書き願います」的なシーンはあまり好きではない。原作を読んで一層感じた。

  • まつ子 さん

    ★★★☆☆ もはや福山雅治さんの姿でしか再生できなくなってしまったガリレオ先生が初登場する短編集。 推理小説なんだけど、犯行がどうとかより不自然な事象に科学的根拠を付けるというのが主題。 まぁまぁ面白いとは思うけど、余り記憶に残らないのが難点…好みの問題か(^_^;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド