恋のゴンドラ

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784408536958
ISBN 10 : 4408536954
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
追加情報
:
260p;19

内容詳細

この恋の行方は天国か地獄か

真冬に集う男女8人の運命は?
あの東野圭吾が“恋愛”という永遠のミステリーに真っ向から挑む。衝撃の結末から目を逸らすな!

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ゲレンデで起こった群像劇。軽いテンポで読...

投稿日:2021/04/15 (木)

ゲレンデで起こった群像劇。軽いテンポで読めてしまったなと思いましたが、きっとゴンドラですれ違った人と同じように、私も何かを、誰かの気持ちを見逃しているのだろうと思います。ゲレンデシリーズと同じ世界線なのかな?いつかまた読み返してみたいです。

mori さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    東野圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。表題作の『恋のゴンドラ』を読んだ時はホラーかと思いましたが、連作短編ラブコメディでした。東野圭吾版『私をスノボに連れてって』という感じです。ウィンターシーズンに気軽に読むには丁度良いですが、シリアスな東野圭吾ミステリを期待するとガッカリします(笑)

  • Yunemo さん

    何だか、趣味のスノーボードに取ってつけたような軽々しいお話集。この分野、やっぱり趣味の域を超えられませんね。そう思ってはみても、ただ端々に男の気持、女の気持、さり気なさを装いながらも真髄が謳われてるのに気付きます。覚悟と度胸が必要、仰る通り。それにしても安易過ぎますが。偶然の積み重ねをここまでやられると、逆にあっぱれの感強し。東野作品と思わなければ納得感、でも東野作品だからこその軽く流しての読み応え、そんな気持ちも持ち合わせてしまうのが癪の種。そもそもがスノーボード愛好者という読者層限定作品、そう想って。

  • ウッディ さん

    スノーボードを愛する8人の男女の恋愛を描いた連作短編集。軽いノリで読めてしまうんだけど、そこはさすがの東野圭吾。特に最初と最後のゴンドラ内での地獄絵図は、ホラーのようなスリル感でした。登場人物たちのキャラの描き方、ラストのどんでん返しと全体の構成も見事で、ドキドキしたり、ニヤニヤしたり遊園地にいるような読書でした。初めて聞いた「逆ゲレンデマジック」という言葉がピッタリな日田さんと不運な女桃実ちゃんには、幸せになってほしいです。とっても面白かったです。

  • OCEAN8380 さん

    広太の軽い浮気心が最悪な結末になるとはあまりにも付いていない。もっと付いていないのが日田、プロポーズ計画をするも広太に美雪を奪われるなんて悲惨すぎる。最後に桃実が絶叫がこだましたは笑えた。日田と桃実は幸せになって欲しい。

  • だんじろー さん

    すこぷるライトな話ばかりだと思っていたら、スノーボード(一部 スキー)専門誌の付録に掲載された作品群なのですね。ゲレンデパトロールの根津の登場や、登場人物の名字に「曜日」が仕込まれているところは東野さんの遊び心かと。…あれ? そういえば金曜日がなかったなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品