危険なビーナス 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065165836
ISBN 10 : 4065165830
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
496p;15

内容詳細

惚れっぽい独身獣医・伯朗が、新たに好きになった相手は、失踪した弟の妻だった

恋も謎もスリリングな絶品ミステリー!

「最初にいったはずです。
彼女には気をつけたほうがいいですよ、と」

独身獣医の伯朗のもとに、かかってきた一本の電話−−「初めまして、お義兄様っ」。弟の明人と、最近結婚したというその女性・楓は、明人が失踪したといい、伯朗に手助けを頼む。原因は明人が相続するはずの莫大な遺産なのか。調査を手伝う伯朗は、次第に楓に惹かれていくが。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP文芸文庫)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』(講談社文庫)で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
最後までどういう展開になるのか分からず、...

投稿日:2021/03/21 (日)

最後までどういう展開になるのか分からず、はまって読んでしまいました!!!私的に納得のいく最後だったので、好きな話でした!

ラフ読書 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    弟の妻と名乗る女性が突然現れる。このウールリッチの諸作を思わせる展開は実情を知らなくてもその対象となる人物のことをネットなどでリサーチすれば成りすませることが可能となる昨今だからこそ妙にリアルに感じる設定だ。特に殺人事件が起こるわけでもなく、失踪した異父弟の新妻のために行動し、そして少しばかり複雑な事情の自分の親族たちと向き合うという地味な話なのになんと読ませるのだろう。しかし開巻時からは思いもかけない着地点を見せつけてくれた。まだまだ当分彼の作品の水準は下がりそうにない。まさに品質保証の東野印だ。

  • hit4papa さん

    巻き込まれ型のサスペンスです。とは言えハラハラドキドキはあまり感じられず、著者ならではのユーモアミステリのゆるゆるとした味わいがあります。自分としてはハード系の東野圭吾が好みなので、本作品にはのめり込むことができませんでした。性に合わうか否かで言うと、著者の作品はアタリ、ハズレがハッキリしているようです。突然現れた弟の妻を名乗る女性。主人公は、彼女から懇願され行方不明の弟を探し出すことになります。彼女に翻弄される主人公ヘナチョココぶりには、読み進めながら辟易としてしまいました。意外な真相ではあるのですが。

  • ponpon さん

    異父弟・明人がシアトルより帰国後、行方不明に。彼の新妻・楓とともに真相を探る伯朗だが…。当初から不自然さが付きまとい、何か裏はあるのだろうとは思わせつつ、異母兄弟や愛人・非嫡出子と役者も揃い、矢神ファミリーの相続争い勃発か…。すっかり騙されました。終盤でのカタストロフィには唖然です。また、錯綜する恋の鞘当ても楽しみを増していますね。伯朗の恋の行方を期待させるようなユーモラスなエンディングには、にんまりで、タイトルにも納得。当初から中弛み無い一気読みで、巨匠の技と唸らせる一冊です。

  • 五右衛門 さん

    読了。恋愛小説でもあり、推理小説でもありました。弟の妻と主人公で母の死に纏わる謎解き、そして作者の真骨頂?脳科学関係(後天性○○症からの○○図形?)と新知識満載でした。(数学界では有名なのかな?)いつもよりずーっと軽めの仕上がりでしたね。いやしかし楓さん「惚れてまうやろ!」byチャンカワイ風にですね。事件解決でこの関係が終わっていればまだしも受診に来るなんて!ドラマも楽しみにしてます。

  • ワレモコウ さん

    ドラマ化に向けて。獣医の伯朗の元に、弟の妻という楓が訪ねてきて、弟・明人が失踪したので行方を探す協力をしてほしいという。惚れっぽい伯朗は、どんどん楓に惹かれていく。軽いタッチの恋愛要素と、明人の失踪や遺産相続を巡るミステリー要素の混じった作品。この一族の人間関係がややこしくて、相関図を頼りに読み進めた。東野さんの作品の中では、あまり盛り上がらなかった印象。ドラマは楽しみにしています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年『放課後』で第三一回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第五二回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第一三四回直木賞、第六回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第七回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド