危険なビーナス 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065165836
ISBN 10 : 4065165830
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
496p;15

内容詳細

独身獣医の伯朗のもとに、かかってきた一本の電話―「初めまして、お義兄様っ」。弟の明人と最近、結婚したというその女性・楓は、明人が失踪したといい、伯朗に手助けを頼む。原因は明人が相続するはずの莫大な遺産なのか。調査を手伝う伯朗は、次第に楓に惹かれていくが。恋も謎もスリリングな絶品ミステリー。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP文芸文庫)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』(講談社文庫)で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    久しぶりの東野圭吾。楓のキャラクターが好きになれなくて、何でこんな女と……とイライラしながら読み進んでいたが、終盤のどんでん返しにびっくり。彼女を見る眼が180度変わった。ちょっと軽すぎやしないかい、と思う描写もあるのだが、最終的には力技で納得させられた感じ。映像化されるとしたら、伯朗は誰だろう。

  • Shoji Kuwayama さん

    文庫本で再読です。単行本発売時に読んでいたようです。何のための読書メーターやら。さて、内容は私にとっては消化不良でした。再読だからではありません。物語の起承転結が出来すぎのような気がします。特に終章の展開はやや強引かなと思いました。読後の感想としては、突き詰めれば世の中の出来事は全てが科学的に証明出来る一方で、人間が科学を振りかざして踏み込んではいけない領域もまた存在する、そんなことを訴えた物語かなと思いました。

  • 坂城 弥生 さん

    タイトルと内容を合わせて人を魅了するものを考えた。のめり込むもの、盲目にするもの…怖い。神の領域ですら侵してしまう人間の好奇心は本当怖い。好奇心猫をも殺す、か。用心用心。

  • みこ さん

    久しぶりの東野作品。しかも「祈りの幕」とか「虚ろな十字架」といったやや重めの作品を挟んでいるのでここまでエンタメに振り切った作風の小説は本当に久しぶり。舞台設定は「犬神家の一族」を想起させるが、読んでいて連想したのが田山花袋の「蒲団」。禁断と言えば禁断だがそこまで禁断と言い切れないかもしれない恋慕とその曖昧な立ち位置からくる滑稽な嫉が謎の追及と見事に並走している。女性読者の心境をほぼ代弁している元美というキャラのおかげで今作のせいで女性ファンが減ることもないだろう。

  • ココ(coco) さん

    ☆☆☆★安定した読み応えがある東野圭吾作品。今回はちょっといつもより軽めの文章で書かれていました。主人公の獣医と弟の妻が、行方不明の弟を探す話で、この弟の妻が一癖も二癖もあるキャラで、何かあるとは思っていましたが、まさか・・だったとは最後まで全然気付きませんでした。犯人はいつも通り意外な人物でした^_^

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品