ラプラスの魔女 角川文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041054932
ISBN 10 : 4041054931
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
496p;15

内容詳細

待望の文庫化! 映画化決定!

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!


【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年大阪府生まれ。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
のちに続編も出るので、悪い作品ではないと...

投稿日:2021/04/17 (土)

のちに続編も出るので、悪い作品ではないと思います。全体としてもまとまっているように感じます。ですが、、、という作品ですwww

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
題材は非常に面白く、どんな真相があるのか...

投稿日:2021/04/15 (木)

題材は非常に面白く、どんな真相があるのかとわくわくしましたが釈然としないまま終わってしまった印象です。科学的な何かを期待して読まない方が良かったのかもしれません。

mori さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
SFには苦手意識があるのですが、東野さんの...

投稿日:2021/04/10 (土)

SFには苦手意識があるのですが、東野さんの人間描写によって人間模様に魅力を感じながら読み進められました。壮大なスケールのお話です

ゆべし さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    本書の着想の基軸になったのは、18世紀フランスのピエール=シモン・ラプラスが提唱した「ラプラスの悪魔」である。物語の要件としては、魔女は必ずしも登場する必要はないのだが、そこに円華を登場させることで、ややもすると陰惨なものになりかねない内容に、軽快な色合いを添えることに成功した。しかもタイトルもとってもチャーミングだ。そして、そこにもう一つ付加されたのがナビエ・ストーク方程式である。これら二つを組み合わせてミステリーとしたアイディアは秀逸だとは思うが、トリックそのものはいささか頼りないのではないだろうか。

  • Tetchy さん

    受験生だった頃、また仕事に行き詰り、先行きに不安を覚えた時、思ったことはないだろうか?全てが見通せる、全知全能の神になりたい、と。本書はそんな能力を持った人間の物語。物語はミステリとファンタジーの境界線上を平均台の上を歩くかのようにふら付きながら進行する。悪に転べば誰も捕まえることの出来ない究極の犯罪者となる、実に危うい存在、羽原円華。見えている風景がどんなものであれ、彼女は生き、そして立っている。その強さをいつまでも持っていてほしいと願いながらも、危うくも儚さを感じる彼女の前途が気になって仕方なかった。

  • カメ吉 さん

    映画を観る前に読みたいと思っていたところに文庫化され、まんまと読まされました。東野圭吾作品らしいと感じました。科学的な根拠?とオカルト的な要素が上手く混ざり合って引き込まれました。 登場人物にも魅力を感じさせるのも東野圭吾作品の凄いところかな?って再認識しました。面白かった。

  • ゆのん さん

    東野さんの得意分野が題材となっているので難しかったらと少々心配していたが分かりやすくラストに向かって緊張感がでて面白かった。『ラプラスの悪魔』『ラプラスの魔女』こんな事が出来る人が本当にいたら凄い。自然災害で亡くなる人はいなくなるだろう。反面、悪用された場合は本書のように完全犯罪が出来上がる。凶器が自然の力の場合犯罪として立件できないだろう。特殊能力には憧れもあるが、やはり平凡が一番平和なのだろう。映画まで1ヶ月。楽しみ。

  • absinthe さん

    東野さんのSFサスペンス。さすがは東野さん。バラバラのエピソードが集まっていく過程は秀逸。もしこんな力があったら自分なら何をするか何ができるか考えると面白い。人間と異なるネタを人間サイズの世界に落とすのがドラマだとするなら、これはドラマの見本みたいなものだが。ちょっとSFネタの大きさの割にやることがせこかったか。つまらないつっこみをいれるなら、地球科学者がラプラスもナヴィエストークスも知らないというのはいかがなものか?といったところか。『ラプラスの悪魔』を知らない人向けに書いたと思えばよくできた作品。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド