マスカレード・ホテル

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087714142
ISBN 10 : 4087714144
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
追加情報
:
464

内容詳細

不可解な連続殺人事件の次の犯行現場は、超一流ホテル。容疑者も、ターゲットも不明。事件解決のため、一人の男が選ばれた。完璧に化けろ。決して見破られるな。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と第6回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ホテルマンに扮する警察官という面白い視点...

投稿日:2019/01/14 (月)

ホテルマンに扮する警察官という面白い視点で描かれたストーリーに最後まで一気に読むことができました。 さすが東野圭吾作品と思える情景がハッキリと現れる表現の豊かさと、短編ストーリーの組み合わせが、ドキドキハラハラと読み手の心を踊らせドラマを見ているようなテンポ感に心地よさを感じました。 映画公開を控えとても楽しみにしています。

りこりこ さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 大地 さん

    先が気になり、とにかく一気読みでした!!高級ホテルを舞台に、殺人事件捜査の過程で様々な事が起こり、ハラハラドキドキ感があり、とても楽しめました。また、新田や山岸など、登場人物も魅力的で、より惹きつけられます。2人の仕事に対するプロ意識の高さには感服しました。イブも是非読みたいです。

  • まひはる さん

    帯で東野圭吾が「これ以上にうまくやれる自信がありません。」というだけあって、今までの東野作品の総決算とも言うべき面白さ。読み終わった後の爽快感も格別だった。東野作品に新たに登場した山岸、新田、能勢の3キャラクターの今後の活躍を早く見たい。

  • kishikan さん

    久方ぶりの東野さん、やっぱり面白い!何人かコメントしているけど、僕も前半は石ノ森章太郎さん作のドラマ「HOTEL」が頭に浮かんで離れなかった。だけど終盤になって、刻々と迫る危機、事件の謎の解明、ラストの劇的な展開にページをめくる手が止まらない。ミステリとしては深くないのかもしれないけど、逆に素材となる舞台を掘り下げた原作で映像化すると面白いものができるんでしょうね。シリーズ化を望みますが、刑事の「新田」さんは今後もっと強いキャラ付けをすれば良いのですが、尚美さんを今回だけの登場にするのはもったいないなぁ。

  • takaC さん

    もうすぐ単行本発売なので、復習兼予習で『小説すばる』2008/12月号からの連載全22回を続け読み。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    刑事がホテルマンに変装して、ホテルマンとして育ちながら事件を解決していく様が見事だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、’85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞受賞。’99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、’12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド