クスノキの番人

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784408537566
ISBN 10 : 440853756X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
456p;19

内容詳細

不思議な力を持つ木と番人の青年が織り成す物語。『秘密』『時生』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に続く新たな感動作。長編書き下ろし。

【著者紹介】
東野圭吾 : 1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    新型コロナウィルス対策購入シリーズ第七弾、東野 圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者作家生活35周年記念作品は、クスノキ・スピリチュアル・ファンタジー・ミステリの青春・成長譚の感動作でした。 https://www.j-n.co.jp/kusunokinobannin/

  • うっちー さん

    またまた、新たな『東野ワールド』ができました!

  • タイ子 さん

    不当解雇された青年が腹いせに罪を犯し逮捕、面識もない弁護士がやってきてある条件と引き換えに釈放の手続きを取ってやるという。その条件はお寺にあるクスノキを守り、そこに祈念に来る人たちの受付をすること。そこを管理する叔母と名乗る見知らぬ女性。満月と新月の夜の祈念。何が行われ、何が起こるのか、一切知らされない。謎が知りたくて読みながらウズウズ。生きることに不器用だった青年が少しづつ変わっていく。彼と伯母との人生のリンクが2人の距離を近づける。一本のクスノキが繋ぐ家族の絆。読了後胸が温かくなるような作品。

  • bunmei さん

    『ナミヤ雑貨店』の路線を継ぐ、心温まるファンタジー。怜斗が任されたクスノキの番人の役割や祈念の意味を明かさず、謎に包まれたまま物語を進行させ、読者の興味を引き付けるあたりは、さすが東野作品。クスノキの祈念に纏わる様々な人々との人間関係や心情描写も大変わかりやすく描かれており、後半は一気に物語に引き込まれます。職場を解雇され、罪を犯した怜斗。留置場行きとなる所に現れた千舟によってクスノキの番人を務めることに…。クスノキに宿る神秘の力とその番人として、そして、祈念する人々の切ない思いが絡み合う奇跡の物語です。

  • Yunemo さん

    何だか焦らされて中盤まで。玲斗に何をさせるの、どう展開していくの、千舟って何者。クスノキの持つ力、祈れば願いが叶うという伝え、こんな感覚で読み始め。でもいろんな要素が含まれてるはずなのに、佐治氏の場合がメインになっての展開で。伏線で、柳澤家の存続、血縁、認知症があり、単純な展開の筈なのに妙に複雑化させての戸惑いもあり。クスノキへの祈念、念を預かってもらう預念、念を受け取る受念、神秘的にいろいろ考えられてます。言葉で表せられない想いをどうして分かってもらえるの。正にこの部分をフォーカスした東野ファンタジー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、’85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞受賞。’99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、’12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品