甘い水 真夜中BOOKS

東直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898152850
ISBN 10 : 4898152856
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
東直子 ,  
追加情報
:
20cm,206p

内容詳細

ここはどこだろう。なぜここにいるのだろう。見えない力に強いられ、記憶を奪われた女性の数奇な運命。「甘い水」をめぐって、命とは何かを痛切に描いた著者渾身の最新長篇小説。

【著者紹介】
東直子 : 1996年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。2006年『長崎くんの指』(マガジンハウス)で小説デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kishikan さん

    うーむ、シュールだなぁ。SFでもない、ホラーやミステリーでもない、っていうよりジャンルにこだわっちゃいけないんだろうね。読後、甘い水と輪廻転生という言葉が思い浮かんで、仏教の世界をも想像してしまったんだけど・・。そういう世界観を限りなく透明感のある文体で表現したかったんだろうな、「でも具体的にイメージしにくい」って、思わずひとりごちる。ある意味、村上春樹さんの表現方法にも似てなくはないが、東さんの方が白い靄がかかったような雰囲気につつまれ、心を刺すようなものは感じない。物語全体で表現する作家なんだろうな。

  • まさ さん

    不思議な世界を垣間見たよう。人がとても大きな存在の中で何かしらの役割を演じる存在なのかと考えてしまう。もう何冊か読みながら東直子さんの世界観を感じ取りたいな。

  • guu さん

    これは東さんの著作の中でも飛びぬけて不思議不思議の浮遊感漂う物語でして、繋がりの見え難い連作形式と謎に満ちた掴みどころのない内容の数々に正直戸惑いを覚えたのも確かなのですが、自分の役割や生きる術をただ遂行するのみの登場人物たちがたまに覘かせる小さな感情の揺れが堪らなく胸に響くんですよね。漠然としか理解できてないなりに解釈するとこれは寓話の類で、食物連鎖や生命の循環を擬人化することでこの世を構成する全てが<命>であるということを暗に指し示した作品なのかもしれません。現時点での最高傑作という点には納得です。

  • まみ さん

    ふしぎ。もしかして最後に収束してつながりがわかるのかな、と思ったらそうでもなくて、ぽーんと放り出されてうまく現実に戻ってこられない感じ。でもそれは嫌な感じではなくて、ここちよいのです。ひとりが何人ぶんもの人生を生きたり、何人もがひとりぶんの人生を生きたり、死んだものが次の命につながっていったり。命というものは肉体ではなく記憶や魂にこそあるもの、ということをあの小さいひとたちは知っていたのかなと思う。そうだとしたら体はかるく、こころはさみしい。

  • 雅 さん

    不思議な感覚になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東直子

歌人・作家・イラストレーター。1996年歌壇賞受賞。2016年『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品