「邪馬台国」徹底論争 第1巻 邪馬台国問題を起点として

東方史学会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787792075
ISBN 10 : 4787792075
フォーマット
出版社
発行年月
1992年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
306p;22X16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hyena_no_papa さん

    1991年8月、古田氏の在職していた昭和薬科大学諏訪校舎で行われたシンポジウムの全記録、その第1巻。サブタイトルに「邪馬壹国問題を起点として」とあるように、国名論や里程論など賛否双方の立場の論者が厳しい議論を展開した。特に「短理論」で古田氏の所論が破綻していることが明確に示される。それは白崎昭一郎氏との議論。「宛と襄陽との距離」や「涪」を巡る『三国志』中の記述は、明らかに古田氏の「魏西晋朝短里説」を否定するもの。それに対する古田氏の応答は支離滅裂の感がある。古田説の行き詰まりが決定的になったシンポジウム。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

その他 に関連する商品情報

おすすめの商品