東儀家の子育て 才能があふれ出す35の理由

東儀秀樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062195140
ISBN 10 : 4062195143
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
206p;19

内容詳細

雅楽師・東儀秀樹の子どもの才能を引き出しぐんぐん伸ばす子育て論。天才を生み出す“東儀家の子育て”は常識にとらわれず、それでいて確固たる信念に基づいている。レッドツェッペリンを英語で歌いながら遊ぶ7歳の息子ちっち君の子育ても個性的で、テレビや育児雑誌などで注目を集めている。叱るタイミングがわからない、褒め方がわからないなど、子育てに自信がもてない親たちの不安を解消する一冊です。
●子どもには家ごとに規律があることを伝える
●公園デビューは3歳までさせない(3歳までは大人と過ごすことが天才を育てる秘訣)
●笑いの絶えないユーモアのある親になれ(子どもが言うことをきくのは、おもしろい大人)
●食事の会話を子ども中心にしない
●家庭の中を子ども仕様にしないこと(大人の世界と子どもの世界を区別する)
●英語力より日本文化を伝えられる大人になることが真のグローバル教育 ほか

【著者紹介】
東儀秀樹 : 1959年東京生まれ。奈良時代から1300年にわたり雅楽を世襲してきた東儀家に生まれる。幼少期を海外で過ごし、クラシック、ロック、ジャズなど幅広い音楽ジャンルに接する。帰国して高校を卒業後、宮内庁楽部に入り、宮中儀式や皇居での雅楽演奏会、海外での公演に参加。96年宮内庁を退職。同年『東儀秀樹』でアルバムデビュー。古典の継承のかたわら、雅楽器と現代音楽を融合させた独自の音楽活動を展開する。2015年には心にしみいる篳篥の音で“日本の情景”そして“日本人の心”を紡ぎ出すアルバム『日本の歌』をリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ジュースの素 さん

    ラジオで東儀さんの事を聴いて驚き、本を読む気になった。 東儀さん自身が面白い人なのか、育つ過程でこういう人になったのか、実に凄い人だ。子供は大人が思う程「子供」ではない。その事を彼はよ〜く解っていて子供目線で自由に子育てをする。でも、親は良かれと思って手を出してしまったり、危ない事は事前に避けてしまったり。それは子供の為じゃなく親の為だったりする(のは よく解る)。 土や泥があってもハイハイさせたり、廃材で自由に工作させる。うっかり芽を摘んでしまう事が多いだろうなぁ。

  • ひとひら さん

    ★★★★一緒に楽しみ、支え、生かす。素敵な子育てだけど、一人っ子じゃなくても出来たのだろうかと思ってしまうのは意地悪な考え。

  • りるふぃー さん

    東儀さん、子育ての天才です!単なる面白いお父さんではありません。一本 芯がしっかり通っています。子育てに関する悩みも、これを読んだらスッキリしました。入園グッズや着ぐるみまで手作りするマルチぶりには脱帽するしかない!

  • キキとジジ さん

    ちっちの大ファン。本書でも笑った顔や真剣な眼差しの写真がたくさん掲載されていて、本文を読まなくても、東儀さんの子育てが窺える。東儀さん自身の生きる姿勢、人との付き合い方が、ちっちという人間を導いていくのだろう。いいぞ、ちっち!

  • あお さん

    きれいも汚いもおいしいもまずいもすべて知ること。自分の価値観も他人の価値観も同じように大切にするという姿勢があれば他人と同じでないことを面白がれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東儀秀樹

雅楽と現代音楽を融合させ、今やCM・TV・雑誌等でも話題となっている。ファンの多くは若い女性層が占めており、人気沸騰中のアーティスト『MODE OF RISING SUN』で、細野晴臣と共演したり、最近ではバレエダンサー熊川哲也との共演、幅広い活躍も追っていくと、面白くなりそうです。これまでに7枚のアルバムを発表しましたが、全作ロング・セールスを記録している人気のアルバムばかりです。

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品