「個性」はこの世界に本当に必要なものなのか アスキー新書

東京大学

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048668279
ISBN 10 : 4048668277
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
博報堂 ,  
追加情報
:
191p;18

内容詳細

ビジネスの現場では企業そのものの個性である「らしさ」を重視するいっぽう、学校教育では「教育で個性を伸ばす」という「ゆとり教育」の反省から「脱ゆとり」に舵を切っている。いったい個性とはなんなのか。本当にこの世界に必要なものなのだろうか。この根源的な問題に、東京大学教養学部の最先端の研究者10人が、文理両面から切り込んでいく。

目次 : 第1講 認知神経科学―「個性とは、無意識のうちに育まれてしまうもの」/ 第2講 文献学―「個性とは、なにかを求めるなかでおのずと表れ出てくるもの」/ 第3講 生態学―「個性とは、種の存続可能性を高めるために必要なもの」/ 第4講 哲学―「個性とは、運命であり、呪いでもある」/ 第5講 物理学―「個性とは、フロンティアに必要なもの」/ 第6講 統計学―「個性とは、コストを必要とするもの」/ 第7講 政治学―「個性とは、さまざまなアイディアを借りるなかで育まれるもの」/ 第8講 天文学―「個性とは、外のものと比較してはじめてわかるもの」/ 第9講 言語学―「個性とは、いちばん重要なことであり、いちばん問題なことでもある」/ 第10講 まとめ―「個性はこの世界に本当に必要なものなのか」

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ことうら さん

    認知神経科学、文献学、生態学、哲学、物理学、統計学、政治学、天文学、言語学の9つの分野の東大教授が、それぞれの分野から『個性』とは何かを考察している。この企画そのものが個性的で、面白い。

  • たっきー さん

    9つの専門分野の研究者が個性とは何かついて語ったもの。皆さん言っていることはそれぞれ違っても、どこかしら通じていることろがあった。個性は最初から求めていくものではないんだろうな。何かに従ってやっていくうちに、自然と出てくるものであったり、いろいろな関係性の中から生まれてくるものなんだと感じた。

  • naotan さん

    結論は既に読む前から出ているような気がするけど、多角的な視野からその裏付けを考える1冊。些末な事ながら、電子書籍版では各専門家のプロフィールが読みづらくて残念。

  • :-) さん

    様々な視点で「個性」について語られていた。半強制的に読まされたものだから、あまりきが進みませんでした(>_<)

  • hhhともろー さん

    脳神経科学・言語学・物理学・文献学…「個性」に関する見方には共通性があることが面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品