性のこと、わが子と話せますか? 集英社新書

村瀬幸浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204049
ISBN 10 : 4087204049
フォーマット
発行年月
2007年08月
日本
追加情報
:
18cm,238p

内容詳細

子どもからの性に関する素朴な疑問や困った質問、思春期の悩みは、どんな親でも遭遇する難問。小学生から思春期まで、成長に合わせて子どもとのやりとりを想定し、親がどう「性」を教えるかをアドバイスする。

【著者紹介】
村瀬幸浩 : 1941年生まれ。東京教育大学卒。私立和光高校の保健体育科教諭として二五年勤務。一橋大学、津田塾大学、東京女子大学で「セクソロジー」の講師をつとめる。1982年「“人間と性”教育研究協議会」の設立に参加、同代表幹事。日本思春期学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiroshi0083 さん

    性に関する考え方や感覚。年齢や年代、性別、そして経験によって大きく異なるであろう。人に迷惑をかけない限り、日常生活ならばそれで構わないかもしれない。だが、そのまま子供に伝えるわけにはいかないような気がする。いや、子育ての過程は家によって違うものだ。言葉を慎重に選べば特に問題ないだろう。中一と小五の子供を持つ親として、本書を手に取ったとき、心が揺れ動いた。もしも必要な状況に遭遇したら、性についての話をどのように伝えるべきなのだろうか。自分の気持ちに引き寄せながら本書を読んでみた。(コメントに続く)

  • Ayumi Yamashita さん

    これから親になる人に,特にオススメの本です。長年性教育に携わってきた著者(男性)が,小学生から思春期までの子どもとのやりとりを想定し,親がどう「性」を教えるかを具体的にアドバイス。親が家庭で子どもに,正しい知識を与え,真摯に対応することが求められている時代。大変参考になる本です。

  • Yasuhiro さん

    まだ早いが、いつか来る日のために。。。

  • ハッピー☆ さん

    んー

  • yumico さん

    近いうちにやってくる娘の思春期に、親としてどのように接するか準備したくて読んでみた。 QA方式で書いてあり、分かりやすかった。 照れずに、自信を持って伝えられるように練習だな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村瀬幸浩

1941(昭和16)年名古屋市生まれ。東京教育大学(現筑波大)卒業後、私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。この間総合学習として「人間と性」を担当。1989年同校退職後、25年間一橋大学等でセクソロジーを講義した。現在一般社団法人“人間と性”教育研究協議会幹事、同会編集による『季刊セクシ

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品