「ベーシー」の客

村松友視

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838710515
ISBN 10 : 4838710518
フォーマット
出版社
発行年月
1998年06月
日本
追加情報
:
20cm,237p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カットマン さん

    夜タモリ・吉原さんのモデルとなっている方を、客の視点を中心にしてつなぐ12の短編集。マスを対象とする接客業の教科書では、客を平等に扱えと教えるが、その圏外にあるのが「ジャズ喫茶」という空間。そのことは肝に命じておいた方が良いわけで、ベーシー詣の前の予習にいいかも。作家の創作がどこまでなのか知らないが、濃い人間ドラマがある。ベーシーで嫌な思い出のある人は「老婆の復讐」で笑うもよし、「家路」や「カムバック」「黄昏の曲」での対応に感服するもよし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村松友視

昭和15(1940)年東京生まれ。慶應大学文学部卒業後、中央公論社勤務を経て、作家ビデュー。昭和57年に『時代屋の女房』で第87回直木賞を受賞、平成9年に『鎌倉のおばさん』で第25回泉鏡花文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品