69 sixty nine 文春文庫

村上龍

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167190071
ISBN 10 : 4167190079
フォーマット
出版社
発行年月
2007年08月
日本
追加情報
:
16cm,246p

内容詳細

1969年。安田講堂事件が起き、東大は入試中止。アポロが月に行き、ビートルズが「アビーロード」を、ローリング・ストーンズは「ホンキー・トンク・ウイメン」をリリースした。ベトナム反戦運動が高まり、基地の町・佐世保で、僕は高校をバリケード封鎖した―。明るく楽しく生きる青春のエネルギーに満ちた日々を描いた永遠の古典。

【著者紹介】
村上龍 : 1952(昭和27)年、長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。大学在学中の76年に『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。81年に『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、98年に『インザ・ミソスープ』で読売文学賞、2000年に『共生虫』で谷崎潤一郎賞、05年に『半島を出よ』で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    初めて読んだのはおそらく主人公「ケン」と同じ高校生の頃なので、20数年ぶりの再読です。40になってから読むには、正直違ったエネルギーが必要になってしまった作品かもしれません(あくまでも自分にとってはですが)。これだけ無邪気に、何に対してもまっすぐでコワいモノしらずに向かっていける主人公たちに羨望の眼差しを向けるとともに「もう、こんな素晴らしい時代が自分にはこないんだよなぁ」という現実感がクロスしてしまい、何とも言えない読後感を味わいました。とはいっても自分は’75年生なので、リアルタイムではないのですが。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️久々の村上龍さん。結構古い本で30年程、前のものです。表題の年に17歳の高校生だった時の実際のお話のようでした。残念ながら表題から想像されるような淫靡な話では無くて、一般的には誰もが楽しい高校時代が69年当時の佐世保ではどんなものだったかを40歳間近の著者が書き出した作品です。いつもの龍さんとはかなり趣きの異なる著作なだけに著者の人間性のプリミティブな本質が良く見えるもので若い時から破天荒でお祭り好きな性格である事を初めて知りました。楽しい青春物語が好きな人にはオススメします。

  • 匠 さん

    1969年の長崎・佐世保を舞台に、高校生達の恋へのコンプレックスとパワーがはじける青春小説。村上龍氏の高校時代の実話を元にしているだけあり、他の作品とは文体も雰囲気も違う。昔を思い出しては懐かしみ、テンション上がったりしながらノリに乗って書いてたんじゃないかと思えるのが楽しい。そしてジャニス・ジョップリンの『サマータイム』が強く印象に残っている。高校生が心の中で想う事はいつの時代もそんなに変わらないのだなぁという想いと、今の世の中に生きる高校生との大きな違いを同時に感じて、読んだ後は一抹の寂しさが残った。

  • zero1 さん

    「楽しんで生きないのは、罪なことだ」という作者の自伝的小説。今再読しても笑える。特にウンコの思想(笑)。舞台は学生運動で東大入試が中止された1969年。ケンは佐世保の高校生。反抗的で高校のバリケード封鎖やフェスティバルを企画。「教師は人間を家畜へと変える」という指摘は妥当。本来、教育に求められるのは自ら考え、「それは違うぞ!」という視点を持つこと。ネットや携帯が無い時代でも若者たちは何かを求めていた。それこそ存在証明。芥川賞受賞作「限りなく透明に近いブルー」の気持ち悪さがまったくない快作。

  • さおり さん

    「我を忘れる本」5冊目。読み始めてすぐに、私これ、知ってるわ!と思いました。大好きな安藤政信さんが出てるんで、映画を観たのでした、ずいぶん前に。記憶力が残念なことを自負している私でさえもすぐに思い出せたのは、インパクトが強く、映像的な文章のおかげでしょうか。その時代を全然知らない私でも、何も考えずに楽しめました。さて。手に入れた「我を忘れる本」は全部読んじゃいました。あとはまた、本屋さんで見つけた順に読みます。私は、概ね元気です。時々夕食の途中にお皿を払い落として泣いてしまいたくなることはあるとしても。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上龍

1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。大学在学中の76年『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。81年『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、98年『イン・ザ・ミソスープ』で読売文学賞、2000年『共生虫』で谷崎潤一郎賞、05年『半島を出よ』で毎日出版文化賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド