無趣味のすすめ

村上龍

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344016613
ISBN 10 : 4344016610
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
18cm,233p

内容詳細

趣味の世界には、自分を脅かすものがない代わりに、人生を揺るがすような出会いも発見もない。それらはわたしたちの「仕事」の中にしかない…。大転換期を生きる人の必携・箴言集。月刊「ゲーテ」連載を単行本化。

【著者紹介】
村上龍 : 1952年長崎県生まれ。76年「限りなく透明に近いブルー」で第七五回芥川賞受賞。「コインロッカー・ベイビーズ」で野間文芸新人賞を受賞。2005年「半島を出よ」で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おいしゃん さん

    趣味の多さには自信がある。先日数えてみたら、38個あった。そんな自分が、このタイトルを見て、放っておくわけにはいかなかった。読み進めてみると、著者は生きる上での充実感などは、全て仕事で得られるという。なるほど、そう思えるなら、確かに趣味など不要かもしれない。やたら字が大きく余白も多く、読みやすい点だけは良かった。

  • キジネコ さん

    本は薬に、似ていると思っています。精神や境遇や体調や世情、諸々の要因によって日々変化する心のバランスを改善するという薬効を、読書は私に与えます。窮屈な袋小路で頭を掻いてる時「村上龍」は、特に良く効きます。2006〜2009年雑誌ゲーテの掲載された箴言集、情報の鮮度ではなく「村上龍」というメガネを透して そこで起きていた事を眺めることが私にリラックスと集中を思い出させてくれる。何を読むか?は然程重要ではなく、氏の言葉が療治し揉み解してくれる私の頑迷さを改めて意識することの意味は小さくありません。

  • ことうら さん

    ✎経済に明るい村上龍氏のエッセイ ✎内容と主張が明確で、分かりやすく読みやすい。 ✎一労働者側からすれば、耳が痛いことやきついことも書いてあるけれど、自分の中で何かしらの起爆剤になるのかもしれない。

  • ゆいまーる さん

    「趣味は老人のもので、そこには人生を揺るがすようなものはない。真の達成感や充実感は『仕事』の中にしかない。」と見抜いた、タイトルの「無趣味のすすめ」他、鋭い洞察が並ぶ。

  • こだま さん

    オードリー若林さんのエッセイに出てきたので読んでみました。字が大きく余白がたくさんあるので読みやすいです。ビジネスに関する内容が多かったです。難しい角度で物事を見ていて、ああなるほどと思いました。村上龍さんの本を読むのはこれが初めてだったので小説も読んでみようと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上龍

1952年長崎県生まれ。1976年「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞、芥川賞受賞。『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、『半島を出よ』では野間文芸賞、毎日出版文化賞受賞。『トパーズ』『KYOKO』は映画化され、監督も務めた。メールマガジン「JMM」を主宰、「カンブリア宮殿」(テレ

プロフィール詳細へ

村上龍に関連するトピックス

  • 村上 龍-おすすめ本 伝説のエッセイ「星に願いを、いつでも夢を」ほか、「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言」などTV番組の司会などでも活躍する村上 龍のおすすめ本はこちら HMV&BOOKS online|2016年08月31日 (水) 16:06

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド