気軽な保存食 初めての少量手作り

村上昭子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784789548267
ISBN 10 : 4789548260
フォーマット
発行年月
2007年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,95p

内容詳細

梅干し、ぬか漬けなどの伝統的な漬物から、ピクルスなどの新しい漬物、ちくわ、ソーセージ、粕みそ床、ジャム、果実酒など、幅広い保存食を紹介。村上昭子の好評書が、杵島直美の手で新しく生まれ変わって登場。

【著者紹介】
村上昭子 : 1927〜2004年。東京生まれ。料理研究家の草分けの一人。和風家庭料理の第一人者として、テレビ・ラジオや雑誌などで活躍。昭和初期に家庭で作られていた懐かしい「おふくろの味」を中心とした和風のお惣菜を、作りやすいレシピで数多く紹介し続けた

杵島直美 : 料理研究家。1954年東京生まれ。成城大学文芸学部卒業。母・村上昭子のマネージャー兼アシスタントとして料理の世界に入り、独立。テレビや雑誌・新聞、料理教室の講師など多方面で活躍。基本をふまえながら、新しい素材や調理法を取り入れて、時代にあった作りやすいレシピを数多く提案している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちはや さん

    気軽に思えないのはホーロー鍋が無いせいか、漬物専用タッパーが無いからか。とりあえずその辺りをまず買ってみるか←道具からね(笑)

  • 都 さん

    漬物や梅干し、らっきょにたくあん、フルカラーで作り方が詳しく載っています。1年を通じての保存食作りの目安も巻末にあるので、漬ける季節の参考になります。1年中、保存食作りが楽しめるっていいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上昭子

1927(昭和2)年、東京の呉服店の3女として生まれる。長年、主婦の立場から身近な材料を使った経済的でおいしい料理に工夫を重ね、家庭ならではのぬくもりのある料理作りを提唱する。特に煮物、漬物を代表とする「おふくろの味」には定評があり、ファンも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたも

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品