1Q84 BOOK3|後編 10月‐12月 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001647
ISBN 10 : 4101001642
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
394p;16

内容詳細

その誰かは、そこにあるものが本当にあることを確認するために、彼の幅広い手をいっそう強く握りしめた。長く滑らかな指、そして強い芯を持っている。青豆、と天吾は思った。しかし声には出さなかった。彼はその手を記憶していた。―青豆と天吾、二人は「物語」の深い森を抜けてめぐり逢い、その手を結び合わせることができるのか。ひとつきりの月が浮かぶ夜空に向かって…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この1Q84の作品群は、文庫本にしても一冊一...

投稿日:2021/07/03 (土)

この1Q84の作品群は、文庫本にしても一冊一冊がかなりのボリュームなので、ここまで読み切ったとしたら、それはとてつもない時間を割くことになったでしょうが、その価値は大いにあったと思えます。

まんまる さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tokko さん

    とうとう終わってしまった。「1Q84年」の世界に存在する「二つの月」「リトルピープル」「空気さなぎ」は、ほとんど解明せずに物語は終わる。でもそのような終わり方で良いのではないだろうか?それらの持つ意味は追々考えるとして、今は『1Q84』の余韻に浸ることにしよう。それにしても村上さんの作り出す「異世界」は、本当にギリギリのところで「成立」しているから不思議、それ以上でもそれ以下でも「不成立」しそうな危うい「1Q84年」の世界だった。きっと(絶対)また読むだろう。

  • 遥かなる想い さん

    村上春樹らしい終わり方だった…でも尻すぼみの印象を受けたのは私だけだろうか。最後の邂逅と1984への復帰は印象的だったけれども。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。壮大なラブストーリーだった。いま一番印象に残っているのが、ゴムの木という不思議。

  • zero1 さん

    喪失ばかりの天吾と青豆に再生と再会はあるのか?この巻でも村上作品らしく人が死ぬ。長くても読まれるのは作品世界に浸っていたいと思わせるものがあるから。小説は説明書ではない。何でも説明する文章を小説をして認める?それを読者は読みたい?伏線が回収されなくても読者は村上作品を求める。リトル・ピープルが何であるか。各読者が解釈すればいい。月を見る度、私はこの作品を思い出す。そして安心する。再読でも充実した時間を過ごせた。その点は作者と作品に感謝したい。BOOK4はあるのか(後述)。

  • とら さん

    1Q84―完結。何を描きたかったとか伝えたかったとかそういうのはもう理解出来なくて良いんじゃないかと、読了して思った。と言うか読んでいる期間も終始思っていた。何時まで経っても少年少女、ボーイ・ミーツ・ガールな純愛小説だと、世界までを巻き込む壮大なファンタジー要素を練り込んだ、ロマンチックな物語だと、それだけで良いんじゃないかと。まだ描こうと思えば続きは描けると思うが、落ち着くべき場所に落ち着いた感じはもの凄いあるので、もうこれ以上を求めるのは野暮である。だからなのか、読後感は悪く無い。楽しい読書でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド