1Q84 BOOK2|前編 7月‐9月 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001616
ISBN 10 : 4101001618
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
追加情報
:
345p;16

内容詳細

心から一歩も外に出ないものごとなんて、この世界には存在しない――君たち二人の運命が、ただの成り行きによってここで邂逅したわけではない。君たちは入るべくしてこの世界に足を踏み入れたのだ。この1Q84年に。……雷鳴とどろく夜、青豆はさきがけのリーダーから秘密を明かされる。天吾と父親の宿命的な再会、そして猫の町。二人が迷いこんだ世界の謎はまだ消えない。

【著者紹介】
村上春樹 : 1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この作品では、いろいろな謎が読者の頭に投...

投稿日:2021/07/03 (土)

この作品では、いろいろな謎が読者の頭に投げかけられていきます。その全ての伏線が回収されていく快感がたまらない。

まんまる さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    交互に語られてきた青豆と天吾の人生がついにクロス…実は二人は同じ同級生だったというのは少し安易。「さきがけ」のリーダー少し不気味だが、今後の展開が楽しみである。

  • tokko さん

    とうとう読み終わってしまった。少しずつチビチビと読み進めていたのに。青豆が「さきがけ」のリーダーにストレッチを施した夜と、天吾がふかえりに「猫の街」を聞かせた夜は同じ夜なのだろうか?「夜」「雷」「森の奥に住むリトル・ピープル」…。「世界の終わり…」や「海辺のカフカ」を想起させるキーワードが出てきたけれど、後半ではどうなる?

  • zero1 さん

    【生まれ方は選べないが、死に方は選べる】村上作品らしく、天吾と青豆は大切なものを失う。ここで大切なのが【孤独感と繋がり】。「ねじまき鳥」の牛河が怪しさ全開で再登場。ふかえりの失踪が騒ぎに。父親の見舞いに行く天吾。読めば分かるが、交互に描かれる二人だが【均衡】などキーワードが両方に対応。青豆は銃を注文し緊迫の中、最後の仕事に向かう。リーダーの正体は?リトルピープルと異変が。転機となるこの巻は名セリフ多し(後述)。このウダウダした世界観は村上作品だけ。4に続く。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。物語なのか、現実なのか、何かが確かな重さを持って迫ってきている。眠るのが怖いような、不穏な気配。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    第五章「一匹のネズミが菜食主義の猫に出会う」できれば、家まで一緒に行って、家族全員咥えて帰るという話の方が現実的だと思う。また、こうした小ネタだけの短編集の方が面白いかも。ジョージオウウェルから「思考犯罪」を引用している。「猫の町」という作品を書いたドイツ人の作家。ちりばめた伏線をどう回収するつもりなのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド