1Q84 BOOK1|後編 4月6月 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001609
ISBN 10 : 410100160X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
362p;16

内容詳細

村上春樹の世界的ベストセラー『1Q84』BOOK1〜3がついに文庫化!

1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。
Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。
……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれ、主人公青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この作品は、日本社会の構造や、日本人の思...

投稿日:2021/07/03 (土)

この作品は、日本社会の構造や、日本人の思想というものが色濃く現れる傑作です。テンポも良く、とても読みやすいです。

まんまる さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    青豆と天吾の世界がいつかクロスだろうと思いながら読み続けた。新興宗教と文学新人賞村上春樹はうまく読者を引き込みながら、それぞれの世界へと誘ってくれる。青豆の世界..老婦人も含めてひどく崇高だが..どう発展させていくのだろうか。

  • tokko さん

    スラスラ読めてしまうけれど、BOOK2の文庫化に合わせて読み切る日を調節。まだまだ繋がりきらない二つの世界。今のところ共通項は、どちらの世界にも「あけぼの事件」が絡んでいること、ふかえりの描く『空気さなぎ』と青豆の住む1Q84年には「二つの月」が存在すること。ふかえりはどこに行ってしまったのか?あるいは青豆は「さきがけ」とどう関わっていくのか?早く続きが読みたい。

  • zero1 さん

    DVを村上が描くとこうなる。パラレルワールドには月が二つあった。天吾と青豆が徐々に近づく。悲劇と言っていい環の死が語られる。「空気さなぎ」が新人賞に選ばれ売れるものの、ふかえりは行方不明に。番犬の死は何かの始まりか?ふかえりから天吾に送られてきたカセットテープが時代を感じさせる。天吾の恋人が見る夢の話は「遠野物語」の「迷い家」を思い出す(後述)。現在が現在であるという証を我々は持っているのだろうか?とても私には説明できない。リトル・ピープルや「さきがけ」の資金源など不明のまま。この先どうなるのか。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。二人のつながりが明らかになり、物語が動き出したところ。月末の続刊発売が楽しみ。

  • とら さん

    淡々と、でも確実に進行していく二つの物語━いや一つなのか?青豆と天吾の物語に、時々共通点が現れる。でも二人の物語の中で一番変わったのは、自分を取り巻く世界が変わったことだ。これが一番大きい、というより、すべての変化はこれが原点であり、そこから派生していっていると言っても良い。この時代を1Q84年と名付けることにしよう、Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。もう今は1984年ではない、1Q84年だ。やっと題名の意味が掴めた。でも、物語がどう収束するかは全く予測不可能である。続きが楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド