遠い太鼓 講談社文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061853829
ISBN 10 : 4061853821
フォーマット
出版社
発行年月
1993年04月
日本
追加情報
:
15cm,570p

内容詳細

ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきたのだ。ずっと遠くの場所から、ずっと遠くの時間から、その太鼓の音は響いてきた。――その音にさそわれて僕はギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。1986年秋から1989年秋まで3年間をつづる新しいかたちの旅行記。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
楽しく読める海外生活記。大変だった出来事...

投稿日:2019/02/21 (木)

楽しく読める海外生活記。大変だった出来事なんかも,思わずくすっと笑ってしまうタッチで書かれていて,良いです。

hiromin さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
これはムチャクチャいいですよね、小説では...

投稿日:2019/02/06 (水)

これはムチャクチャいいですよね、小説では、ないんですけど、ちょっと苦言なんですけど村上春樹原作の映画って本当に、つまんない、村上春樹の作品は映画では無理で、やっぱり小説でしか表現できないと思います。

タカキヨウスケ さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハイク さん

    村上春樹夫婦の3年間に亘るヨーロッパ旅行記である。旅行記と言ってもその間「ノルウェイの森」や「ダンス・ダンス・ダンス」の長編を書いている。日本を離れた方が集中が出来、小説を書き易いのかも知れない。イタリアを起点にしてギリシャやオーストリアを旅している。特にギリシャの島々に行くのが好きなようだ。彼の文章は読んでいて楽しくなる。私はGoogle・mapを見ながら知らない土地の地図を見ながらその雰囲気を少しでも感じ取るようにしている。ギリシャだけ行ったことがないので、知らない島々の位置を知ることが出来る。

  • ヴェネツィア さん

    310年前、芭蕉は「片雲の風にさそはれて」江戸を出立し、そして26年前、村上春樹は「遠い太鼓」の響きに誘われて、ヨーロッパに旅立った。それから実に3年間に及ぶ彼の地における滞在記である。本書は紀行とはかなり趣を異にするが、イタリア、ギリシャでの滞在者ならではの体験が主観的に(これはいい意味で)語られる。この間は村上自身にとっても重要な時期で、『ノルウエイの森』の執筆、刊行と大成功、『ダンス・ダンス・ダンス』の執筆、刊行がなされている。そして、村上の小説への向かい方、また彼にとっての翻訳の意味がよくわかる。

  • らったった さん

    かなりボリュームがありました(^^)色んな国に行って色んな人と出会っておいしい料理を食べて。旅の醍醐味を満喫してる風にもあるんですが、その国特有のトラブルもあったり。ダンス3とノルウェイは海外で書かれたようです。参考になることはたくさんありました。エッセイ集いいですね(*^^*)

  • めでゅう さん

    ヨーロッパで暮らしていた3年間についての記述。彼が40歳になる頃で、ノルウェイやダンス・ダンスを書いていた頃で、日本のバブル期の頃の話。非常に楽しく読めた。そこに書いてあることは全て事実で、けれども30年近く前の話というのが面白い。色んなことが変わっただろうし、色んなことがそのままだろうと思う。いつか、自分でも。/本筋と逸れるけど、彼の奥さんについての記述が読めたのは嬉しかった。作家さんの結婚相手というものに、私は強い関心を抱いている。諸々の小説作品で、”あのような”人々を描く彼ら彼女らは、一体、どんな↓

  • 抹茶モナカ さん

    作家の村上春樹さんのヨーロッパ旅行記。37歳からの3年間、『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書いていた時期の旅行スケッチで、文体も両作に似ている。その当時の文体で、懐かしくなった。僕は村上春樹さんのファンのつもりでいながら、読んでいなかった本。そういう取りこぼしが多いので、読んでみた。執筆当時の村上春樹さんと、今の僕の年齢が近いせいか、非常に面白く読めた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品