村上ラヂオ 2 おおきなかぶ、むずかしいアボカド 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001654
ISBN 10 : 4101001650
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
大橋歩 ,  
追加情報
:
223p;16

内容詳細

なぜ、アボカドはむずかしい?究極のジョギング・コースってどこだろう。アザラシのくちづけの味、ギリシャの幽霊、ロシアと日本のかぶをめぐる昔話の違い…etc。小説家の抽斗から飛び出す愉しいエピソードの数々。長編小説『1Q84』刊行後、雑誌「アンアン」に連載された人気エッセイ・シリーズ52編を収録する。

目次 : 野菜の気持ち/ ハンバーガー/ ローマ市に感謝しなくては/ パーティーが苦手/ 体型について/ エッセイはむずかしい/ 医師なき国境団/ ホテルの金魚/ アンガー・マネージメント/ シーザーズ・サラダ〔ほか〕

【著者紹介】
村上春樹 : 1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。短編小説集、エッセイ集、紀行文などの著書の他、翻訳書も多数

大橋歩 : 三重県生れ。多摩美術大学油絵科在学中より、雑誌にイラストを発表。’64(昭和39)年、「平凡パンチ」の表紙でデビュー、7年半に亘って同誌の表紙を担当した。以降、雑誌・広告のほか、書籍の挿画も多く手がける。現在はエッセイなどの仕事も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    村上さんのエッセイを心地よく読ませていただきました。本当にのほほんと自由にリラックスして読めます。日常生活の中で色々と詰めこまれていたあらゆるモノ(大半はくだらないコトでストレスなんでしょうけど)が、ゆっくりと冷やされ、揉みほぐされ、少しずつ解体されていく感じがします。読んでいて何ヵ所もハッとなる文章があったのですか、あとからパラパラと見直しても残念ながら、思い出せず…。癒しとはまた違った感じの文体で、とにかく肩のチカラがぬけ、リラックスできること間違いなしなステキなエッセイです。挿画もいい感じでした。

  • らったった さん

    エッセイ集2(^^)サクサク読むことができます。僕としては一番最後の"ベネチアの小泉今日子"が一番響きました。作品の中で紹介されている音楽や映画に、とても興味があります。今度鑑賞してみよいかなぁ(*^^*)今年は良いペースで読めてます。

  • 優希 さん

    ゆるい感じが楽しい毎日の秘訣なのかなと思いました。そして女の人のことを思っていることが多いのが笑えます。日常の延長的に色々なことを考えているのでしょうね。何気ない日々を面白く見ることができるのが得意なようです。

  • きりこ さん

    春樹さんのエッセイは面白いだけでなく味わい深くて、心構えとか生きるヒントが見えてきます。何と言っても「ベネチアの小泉今日子」が共感できて良かったです。私も抱え込んでしまった心の痛みや哀しみを、その時巡り合った音楽を繰り返し聴いて乗り越えてきました。音楽にはそういう力があると信じています。小説も同様で、自分の体験を重ねることによって救われることがあります。それから「ちょうどいい」という春樹さんの人生のキーワードが緩くて好きです。奥さんの「生き方に反するから」という断り文句も良いですね、是非使ってみたいです♪

  • コットン さん

    「どうでもいいような話」がわりに好きな村上さんのエッセイ(画:大橋歩さん)ハーヴァード大近くのレストラン:ばらばらに材料を持ってきてあとは自分で組み立ててくださいねというサラダのネーミングが「脱構築シーザーズ・サラダ」確かに知的だ!又は村上さん自身がオープンカーで信号待ちの時、空を見上げて雲の形を観るなど小説とは違った味の色々な話が出てくるのが楽しい。決闘の時でもサクランボを食べているというプーシキンの「その一発」という短編小説が読みたくなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

  • 『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説 全4冊、2ヶ月連続刊行で待望の文庫化。絶賛ご予約受付中です。これを記念してベストセラーやエッセイもまとめました。 |2019年02月05日 (火) 10:00
    『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説
  • 原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」 70万部超えベストセラー『東京奇譚集』(新潮文庫)に収録。吉田羊・佐野玲於・村上虹郎ら出演で10/19公開。 |2018年10月24日 (水) 12:33
    原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」
  • 『村上RADIO(レディオ)』放送 村上春樹がディレクターをつとめる特別番組『村上RADIO(レディオ)』放送決定! |2018年07月17日 (火) 12:48
    『村上RADIO(レディオ)』放送
  • 村上春樹のベストセラーを文庫化 多崎つくるは、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された... |2015年11月30日 (月) 10:21
    村上春樹のベストセラーを文庫化
  • 村上春樹の紀行文集が登場 村上春樹が訪れたラオスや米国などについて全10章で語る紀行文集『ラオスにいったい何があるというんですか?』。旅という... |2015年11月20日 (金) 18:00
    村上春樹の紀行文集が登場
  • 村上春樹のロングインタビューを掲載 古典翻訳対談&翻訳小説選書と題して村上春樹と柴田元幸が語りあう。また、『職業としての小説家』の刊行を記念して、村上春... |2015年10月22日 (木) 18:11
    村上春樹のロングインタビューを掲載

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品