シドニー! コアラ純情篇 文春文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167502058
ISBN 10 : 4167502054
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
追加情報
:
16cm,252p

内容詳細

2000年、シドニーの23日間。初めてのダウンアンダー(南半球)、アスリートたちとともに〈走る作家〉は何を見、どう語るか?

2000年9月、オリンピックに沸くシドニー、初めてのダウンアンダー(南半球)に降り立った村上春樹が、走って、見て、聞いて綴った、不思議の大陸の23日間。コアラのトラウマ、人食い鮫、スタジアムを覆う蛾の大群、番狂わせのトライアスロン、けっこう面白い砲丸投げ、サッカー、野球……さあ、ムラカミ流実況中継の始まりです。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
コアラのトラウマに対してかなりヒドイ事言...

投稿日:2019/03/04 (月)

コアラのトラウマに対してかなりヒドイ事言ってるけど間違ってはいないか…。オリンピックだけでなくオーストラリア体験記でもあります。村上春樹のエッセイはおもしろい!

hk さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
オリンピック観戦記だけど、村上春樹節がい...

投稿日:2019/02/18 (月)

オリンピック観戦記だけど、村上春樹節がいたるところで感じられて面白いです。ちょうどいいページ数です。

ぶぶぶ さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 催涙雨 さん

    シドニーオリンピックはわたしの記憶にあるいちばん古いオリンピックだと思うが、内容はまったく知らないし、なんならゲーム化されたものを遊んだ記憶がいちばん色濃く残っている。走り幅跳びでは助走をつけてほぼ垂直に飛び砂場よりも前で尻餅もつき、槍投げでもまた垂直に近い軌道で滞空時間の長い3m程度の投擲をし、ハンマー投げでは散々回った挙げ句うしろの金網にハンマーを放り投げ、ハードルはすべて薙ぎ倒し、そうやって本来の趣旨から遠く離れたオリンピックを面白がっていたと記憶している。下巻はもう少し内容のある感想を書きたい。

  • ヴェネツィア さん

    本書は、村上春樹による2000年シドニーオリンピックの観戦記+シドニー、ブリスベイン紀行。オーストラリアのおおらかな風土のもと、村上は随分と肩から力も抜けてリラックスしている。そのせいで、随所に村上ギャグが散りばめられている。ほとんど1ページに1度くらいの頻度で(いくらなんでも、それは大げさか)。

  • おいしゃん さん

    オリンピックの取材を日記調にまとめただけなのだが、やはり村上春樹が書くと面白いし、いつもオリンピックに全く興味がない自分ですら、無性に見たくなった。

  • アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯 さん

    村上春樹のシドニーオリンピック観戦記&オーストラリア紀行エッセイ。オリンピックには興味が無い村上さんですが、ご自身もランナーなので、マラソンや陸上競技、トライアスロンについての観戦記や考察など。そういった競技の合間に、レンタカーで1000キロ走ってみたり、結構、ハードなスケジュール。コアラやカンガルーなどオーストラリアの生物について調べてみたり、スポーツに興味が無くても面白く読める。「オーストラリア人が危険だと言ったら、本当に危険なんだ」

  • James Hayashi さん

    あまり著者からやる気を感じられないシドニーオリンピック観戦記。 関係ないけど、表紙の写真の砂浜に人の足跡がはっきりと付いている。こんな足跡見たことない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品