反日種族主義 日韓危機の根源

李栄薫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163911588
ISBN 10 : 4163911588
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
347p;19

内容詳細

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場!

緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。
6月の刊行以来、10万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。
その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。
民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。
本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

目次
日本語版序文
はじめに
プロローグ 嘘の国
第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
2 片手にピストルを、片方に測量器を
3 食糧を収奪したって?
4 日本の植民地支配方式
5 「強制動員」の神話
6 果たして「強制労働」、「奴隷労働」だったのか
7 朝鮮人賃金差別の虚構性
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対
第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
12 独島、反日種族主義の最高象徴
13 鉄杭神話の真実
14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
15 親日清算という詐欺劇
16 ネバー・エンディング・ストーリー ――「賠償!賠償!賠償!」
17 反日種族主義の神学
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
19 公娼制の成立と文化
20 日本軍慰安婦問題の真実
21 解放後の40余年間、慰安婦問題は存在しなかった
22 韓日関係が破綻するように
エピローグ 反日種族主義の報い

【著者紹介】
李栄薫 : ソウル大において韓国経済史研究で博士学位を受ける。韓神大、成均館大を経てソウル大経済学部教授に就任。定年退職後は、李承晩学堂の校長として活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハイク さん

    話題の本なので読んだ。取材をもとに例証をあげ丹念に事実に反する所を書いるので、非常に説得力がある。何よりも韓国人の複数の人達が著者なので、これまで伝えられていた話を、ことごとく論破しているのは素晴らしい。広範囲に亘り丹念に証拠や証人の話を基にして書き記しているのは、敬意に値する。以前ソウル及び近郊を旅したが、現地人の女性の案内者は非常に不親切で、ガイドと しては不適格であった。明らかに日本人に偏見を持っているように見受けられた。過去に日本で話した韓国人の方々の多くは、余り感じられなかったので非常に驚いた。

  • テディ さん

    客観的に歴史を振り返り史実に忠実であ。韓国人の閉ざされた世界観、非化学性、迷信性が反日感情と結びつき精神文化(反日種族主義)を反映している。慰安婦は、強制的に連行され自由度が低い虐げられた仕組みではなく職業のように機能していた背景は、実に説得力があり歴史の捏造が腑に落ちた。私は、「民主主義」という言葉を誤解していた。これは決して世界共通言語ではない。例えば韓国では、種族主義が最優先であり自由な個人の共同体とは距離がある。種族主義の神学が作り上げた全体主義的権威である。それ故に隣人には敵対的になるそうだ。

  • reo さん

    韓国では偽証罪と誣告罪が日本の数百倍あり、各種保険詐欺がアメリカの百倍も横行しており、政府支援金の三分の一は詐欺で横取りされている。この国では事実に即しない虚言が大手を振ってまかり通る。戦時中朝鮮総督府が全国の土地の四分の一を奪ったとか植民地朝鮮の米を日本が奪取したとか、戦時期に朝鮮人を労務者として動員し奴隷にした「徴用工訴訟」だとか、嘘の行進は「慰安婦問題」で絶頂期に達する。このように嘘の学問から始まり嘘の文化が根付いた結果、著者は今の最悪な日韓関係を憂う。証拠文献を丁寧に引用しながらの論理で納得です。

  • Tomoichi さん

    真当な韓国の学者達によって書かれた本書は、左翼人士たちの批判を物ともせず売れているという。本書の内容を韓国人が受け入れることができれば新しい日韓関係も築けるかもしれない。再びの亡国の日が訪れないと無理かな。。。良書です。

  • Akira さん

    自国内での批判と誹謗を覚悟して向き合った著者に素直に敬意を。特にプロローグなんかこっちが大丈夫か?って思っちゃう。内容的には自国向けなだけあって分かんない所が多々あったけど、1965年の請求権協定といわゆる徴用工問題に関しては、その背景や経緯などが詳しく書いてあって大変勉強になった。 反面、竹島問題はイマイチよく分からなくてパッとしなかった。そして一番ページ数を割いている慰安婦問題…自国民にもの凄い衝撃と反響を与えただろうと容易に想像できる。/// 嘘を教えるあちら側と何も教えないこちら側。ってか

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

李栄薫

ソウル大において韓国経済史研究で博士学位を受ける。韓神大、成均館大を経てソウル大経済学部教授に就任。定年退職後は、李承晩学堂の校長として活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品