今からはじめるインシデントレスポンス--事例で学ぶ組織を守るCSIRTの作り方

杉浦芳樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784297111892
ISBN 10 : 4297111896
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;22

内容詳細

インシデントレスポンスにまつわる不安を解消し、リスクを管理するたしかな知識を身に付ける。

目次 : 第1章 インシデントとは/ 第2章 CSIRTの基礎知識/ 第3章 CSIRTの人材と組織/ 第4章 CSIRTを立ち上げる/ 第5章 CSIRTを運用する/ 第6章 CSIRTの運用事例/ 第7章 CSIRTの発展「xSIRT」の設置/ 第8章 サイバーセキュリティ対応の課題

【著者紹介】
杉浦芳樹 : NTT‐CERTメンバー。日本シーサート協議会元運営委員(2018年まで)。1998年にJPCERT/CCのメンバーとなって以来、NTTグループCSIRT「NTT‐CERT」の構築や日本シーサート協議会(NCA)の設立など、CSIRTの運用・構築に携わる

萩原健太 : グローバルセキュリティエキスパート株式会社CSO兼CSRO。日本シーサート協議会副運営委員長・同TRANSITSワークショップ実行委員長・同法制度研究ワーキンググループ主査などを務める。セキュリティ企業にてCSIRTの構築や統括を行い、セキュリティの普及や業界発展のための活動に従事

北條孝佳 : 西村あさひ法律事務所カウンセル弁護士。日本シーサート協議会専門委員。警察庁技官として技術解析やサイバーテロ対策に従事した後、現在は弁護士として企業の危機管理やサイバーセキュリティ対策・対応に携わる

中西晶 : 明治大学経営学部教授。日本シーサート協議会専門委員。内閣サイバーセキュリティセンター普及啓発・人材育成専門調査会委員。東京工業大学博士課程修了。博士(学術)。専門分野は、経営心理学・ナレッジマネジメント。高信頼性組織を中心に研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Dice/K さん

    大変オススメ。CSIRTというかセキュリティを知ろうと思うなら、読んで間違いはない。教科書的なスタンダードをしっかり描く一方で、現場で課題となること(地に足のついたCSIRTの推奨とか、関係部署の巻き込みとか、警察への文書提出とか、意識の低い経営者とか)がしっかりと書いてあって、読んでいて「ああ、これはちゃんと分かっている人の本だ」と素直に思える。文章も変に難解じゃないしね

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

杉浦芳樹

NTT‐CERTメンバー。日本シーサート協議会元運営委員(2018年まで)。1998年にJPCERT/CCのメンバーとなって以来、NTTグループCSIRT「NTT‐CERT」の構築や日本シーサート協議会(NCA)の設立など、CSIRTの運用・構築に携わる

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品