杉原千畝物語 命のビザをありがとう フォア文庫

杉原幸子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323090276
ISBN 10 : 4323090277
フォーマット
出版社
発行年月
2003年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,198p

内容詳細

第2次世界大戦のさなか、リトアニアの日本領事館の領事代理となった杉原千畝。迫害されたユダヤ人に日本通過のビザを発給し、6000人の命を救った、ひとりの日本人外交官の生涯。愛と感動のノンフィクション。

【著者紹介】
杉原幸子 : 1913年岩手県に生まれる。1935年杉原千畝氏と結婚。氏に同行して、第2次世界大戦の戦火が広がるヨーロッパへ渡り、「命のビザ」発給を決断した氏を支えつづけた。日本ペンクラブ会員

杉原弘樹 : 1936年東京都に生まれる。杉原千畝氏長男として、氏とともに11年間をヨーロッパで過ごす。ホロコースト・オーラルヒストリープロジェクト顧問などを歴任。2001年6月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Book・CaFe さん

    【佐藤優 交渉術】の中に書かれていた外務省の人物、なんとなく気になり某サイトからユーズド本を購入。中身知らなずに速攻で購入したので、本を開けてびっくり!小学生用のふりがな付きの本だった(笑)。1940年、リトアニア日本大使館で外務省の命令には従わず、迫害されたユダヤ人6000人の日本通過のビザを発給した【杉原千畝】。外務省の命令よりも人の命のために動いた勇気と人間としての尊さに感動。偶然、映画公開とも重なり、絶対観に行きたい。子供たちにも是非読んでほしい本。

  • まみか さん

    奥さまと息子さんの書かれた本ということもあり、…やはり外交官ということもあり、現地では優遇もされていたのだな、と感じるところも多くありました。ご家族以外の方が書かれた本も探して読んでみたいです。映画にもなっているんですね。

  • オサム兄ぃ さん

    ナチスに追い詰められた6000人超のユダヤ難民に「命のビザ」を発給して救った外交官を描いた本。未亡人と長男が著の本書は小学校中・高学年向けだが、オジサンの目からも納得でき、多くの人に手にして欲しいと思う。突然現れた領事館を取り囲むユダヤ難民の群れを前にした、千畝の戸惑いや悩みも率直に語り、人道的・博愛的な行動が家族との話し合いの中で決断される様子も描かれている。千畝と夫人がキリスト教者であったことも初めて知り、腑に落ちるものがあった。先の戦争の悲劇を記録し、記憶を共有することの大切さを改めて考えた。

  • Holiday さん

    過酷な情勢のもと、一人でも多くの命を救うおうと尽力されたその勇気に心打たれました。(娘の夏休み読書用)

  • timeturner さん

    子ども向けにシンプルかつ平易に書かれているので、当時のややこしい状況がすっと頭に入ってくる。それにしても凄いなあ。あの状況でああいうことができる人はそうそういない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

杉原幸子

1913年岩手県に生まれる。1935年杉原千畝氏と結婚。氏に同行して、第2次世界大戦の戦火が広がるヨーロッパへ渡り、「命のビザ」発給を決断した氏を支えつづけた。日本ペンクラブ会員

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品