CD 輸入盤

『ギター・リサイタル〜スカルラッティ、バリオス、ディアベッリ、他』 朴 葵姫(パク・キュヒ)

朴葵姫(パク・キュヒ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573225
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

期待の新進演奏家シリーズ
朴 葵姫(パク・キュヒ)〜ギター・リサイタル


すでに日本では人気者! 朴葵姫のリサイタル・アルバムがNAXOSから登場です。韓国仁川生まれの彼女は、3歳の時に横浜でギターを始め、様々なコンクールで入賞を飾り、最近では何枚かのアルバムをリリースして絶大なる人気を獲得しています。彼女は2010年のアグスティン・バリオス国際ギターコンクールと、2012年のアルハンブラ国際ギターコンクールという2つの大きなコンクールを制覇。その快挙を記念してのアルバム・リリースです。
 スカルラッティのソナタは彼女自身の編曲によるもので、鍵盤曲をギター独奏へと編曲する際の困難さは微塵も感じさせない流麗な音楽が楽しめます。あまり聴く機会のないディアペッリのソナタ、近代作曲家のバークリーの作品も、申し分ない演奏であり、これらの作品の美点を余すことなく伝えています。アンコール曲としておなじみのマラツのセレナーデでの胸苦しいまでの切ない響き、ホセ・マニュエル・ロペス=ロペスでの超絶技巧も聴きもの。圧巻は、バリオスの『森に夢見る』で、曲の中間部では彼女の特筆すべき美し過ぎるトレモロが存分に胸にしみ込むこと間違いありません。(NAXOS)

【収録情報】
・D.スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.178(パク・キュヒ編)
・D.スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.32(パク・キュヒ編)
・D.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.14(パク・キュヒ編)
・ディアベッリ:ソナタ ト長調(ジュリアン・ブリーム編)
・バークリー:ソナティナ Op.52-1
・マラツ:スペイン風セレナーデ(タレガ編)
・バリオス:森に夢見る
・バリオス:ワルツ第4番 Op.8-4
・ロペス=ロペス:印象と風景

 朴 葵姫(パク・キュヒ)(ギター)

 録音時期:2013年2月2-3日、4月11日
 録音場所:カナダ、オンタリオ、ニューマーケット、聖ジョン・クリソストム教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これまでの優れたギター演奏では、細かなア...

投稿日:2014/05/04 (日)

これまでの優れたギター演奏では、細かなアーティキュレーションが重要(セゴヴィア、ブリームがその代表)で、ギターでしか成し得ない魅力であった。しかし、そういった演奏家が相次いで去り、20年弱。この間、呼吸など全くない演奏や、技術のひけらかし、ただただきれいな演奏、ただただ滑らかな演奏ばかりで、ギター音楽界は風前の灯状況であった。そこに彗星のごとく朴の登場。彼女はそういった過去の演奏とは全く異なる性質のもの。一聴するとそのレガートさに惑わされるが、そうではなく、おおきな呼吸がある。これはギターではなかなかできなかった表現で、ヴァイオリンやピアノといった一般クラシックに準ずる演奏スタイルだ。そういった意味で、セゴヴィアが目指した俗楽器からの脱却が違う形で朴に受け継がれていると思う。選曲(他のアルバムでも)においても、最近の演奏家のよくする現代音楽で奇をてらったようなことはぜず、非常に古典的で、そういったところも他の演奏家では見られない側面。使用楽器もフレドリッシュで、現代ではなかなか見れられない選択。彼女が新しくも古典的な演奏家であることがここにも現れているのではないだろうか?これで少し安心だ。歓迎したい。

segovia さん | 愛知県 | 不明

2

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品