ピウカ湿原のゆきうさぎ

本田哲也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309265469
ISBN 10 : 4309265464
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20×20cm,1冊

内容詳細

ピウカはアイヌ語で「小石のある原」。日本最北端の高層湿原に棲むユキウサギたちは、長い耳とすぐれた嗅覚を持つ鼻をはたらかせて、多くの天敵から身を守る。躍動する命をあたたかいタッチで描いた絵本。

【著者紹介】
ほんだてつや : 1951年、北海道十勝野に生まれる。北海道教育大卒。幼いころから自然や動物たちの世界に魅せられて絵を描き続ける。旅、山歩き、川遊び、野球、音楽が好き。北海道上川郡清水町在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちえ さん

    ほんだてつやさんの本は以前どさんこ馬の2冊の本を読んでその絵の質の高さやどさんこの生活(特に冬)に引き込まれた。読友さんからこの本を知り図書館で。なんとサイン本。来られていたのですね。鉛筆画、カラーの部分と白黒のままの描き方が素晴らしく、湿原の植物の精巧な絵、生き物たちの表情も生き生き。この本に出合わせてくれた読友さん、感謝です💗

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    読書会【テーマ 動物の本の持ち寄り】鉛筆画の描写がすばらしい。北海道美深町の湿原が舞台。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品