Blu-ray Disc

未来少年コナン Blu-rayメモリアルボックス

未来少年コナン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCXA0378
組み枚数
:
8
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
コピーライト
:
(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.
その他
:
ボックスコレクション, スタンダード
制作スタジオ
:

商品説明

宮崎駿初監督作品『未来少年コナン』がBlu-ray BOX化! 野生児コナンと謎の少女ラナ。ふたりの出会いから始まる人類の存亡をかけた大冒険がハイクオリティ映像で楽しめます!

内容詳細

【スペック情報】
カラー/(予)1508分/(本編BD:754分+特典BD:754分)
本編BD:リニアPCM(モノラル)/AVC/BD50G×5枚/4:3<1080p High Definition> 日本語字幕付(ON・OFF可能)
特典BD:リニアPCM(モノラル)/AVC/BD50G×3枚/16:9<1080i High Definition>

【封入特典】
解説書(24P)
作品企画書復刻版2種

【仕様】
■特製インナージャケット
■特製収納ボックス

【全26話収録】
■ディスク1
第1話「のこされ島」/第2話「旅立ち」/第3話「はじめての仲間」
第4話「バラクーダ号」/第5話「インダストリア」/第6話「ダイスの反逆」
■ディスク2
第7話「追跡」/第8話「逃亡」/第9話「サルベージ船」
第10話「ラオ博士」/第11話「脱出」
■ディスク3
第12話「コアブロック」/第13話「ハイハーバー」/第14話「島の一日」
第15話「荒地」/第16話「二人の小屋」
■ディスク4
第17話「戦闘」/第18話「ガンボート」/第19話「大津波」
第20話「再びインダストリアへ」/第21話「地下の住民たち」
■ディスク5
第22話「救出」/第23話「太陽塔」/第24話「ギガント」
第25話「インダストリアの最期」/第26話(最終話)「大団円」

【映像特典】
特別収録 16:9バージョン本編映像
(ディスク1:第1話〜第9話、ディスク2:第10話〜第18話、ディスク3:第19話〜第26話)

【ストーリー】
西暦2008年、核兵器をはるかに上回る超磁力兵器によって世界の半分が消滅し、人類は絶滅の危機に直面していた。
そして20年後、『のこされ島』といわれる島でおじいと二人で暮らしていた少年コナンは、島に漂着した少女ラナと知り合う。
しかし、ラナを追ってきた『インダストリア』の工作員・モンスリーたちによってラナは連れ去られ、その騒ぎに巻き込まれておじいは死んでしまう。
コナンはでラナを助け出すために島を後にした。
そして、初めての仲間のジムシーや、バラクーダ号の船長ダイスと知り合い、コナンは『インダストリア』へと向かう。

【キャスト】
コナン:小原乃梨子
ラナ:信沢三恵子
ジムシー:青木和代
ダイス:永井一郎
モンスリー:吉田理保子
レプカ:家弓家正
ラオ博士、おじい:山内雅人
ナレーション:伊武雅之(現:伊武雅刀) 他

【スタッフ】
原作:アレグサンダー・ケイ「残された人びと」より
製作:本橋浩一
製作管理:高桑 充
企画:佐藤昭司
演出:宮崎 駿・高畑 勲・早川啓二
キャラクターデザイン:宮崎 駿・大塚康生
作画監督:大塚康生
美術監督:山本二三
撮影監督:三沢勝治
録音監督:斯波重治
音楽:池辺晋一郎
プロデューサー:中島順三・遠藤重夫
制作:日本アニメーション

巨匠・宮崎駿監督が演出を手掛けた1978年放送のNHKアニメ。大戦争で多くの大陸が海に沈んでしまった未来の地球。心優しき野生児のコナンが地球の未来のカギを握る少女・ラナと出会い、大冒険を繰り広げる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私がいうまでもなく、日本のTVアニメの傑作...

投稿日:2012/04/01 (日)

私がいうまでもなく、日本のTVアニメの傑作です。全26話の中で、いわゆる「だれ」がない、非常に素晴らしい構成です。LDボックスを所有していましたが、あらためてBDで買い直しました。最低限のフィルム修正を施すべきと感じるシーンもありますが、それを補ってあまりある作品です。 ボーナスディスクの16:9仕様については、おそらく賛否両論あると思いますが、おまけとして受け止めたほうがよいかもしれません。 小学生の息子が食い入るように見続け、自分と同じ感動を共有できたことは、おそらく、この作品のもつ普遍性を物語っていると思います。そして、この時代に改めて考えさせられるテーマを含んでいるとも感じられます。 全話を見直すたびに感じるのは、最終話「大団円」の後半パートは、一話まるごと使って描いてほしかったということです。それほど素晴らしい、最高の最終話です。

ANDERSONCOUNCIL さん | 埼玉県 | 不明

3

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド