ON THE WAY COMEDY 道草 平田家の人々篇 河出文庫

木皿泉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309412634
ISBN 10 : 4309412637
フォーマット
出版社
発行年月
2013年12月
日本
追加情報
:
307p;15

内容詳細

平田家の三人―頼りないけど憎めない父、のんきでおおらかな母、両親を鬱陶しく思いながらも本当は好きな娘のなにげない日常。そこへ家出してきた娘の同級生も加わり!?TOKYO FM系列にて放送されていた伝説のラジオドラマに木皿泉が書き下ろした家族ものシリーズ全十一話と、オマケの前口上&文庫あとがきを収録!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 野のこ さん

    人の家庭はミステリアスなもの。木皿さんの天然記念物ホームドラマ、にやにやしながら読みました。愛すべき平田家〜ごたごたしてるけどとっても楽しそう。なんだかんだ家族っていいな♪って思えてきました。タンポポのお花見素敵。妻 小麦の若いころのエピソードがすごい。何気にいちばん強烈な人物かも。父 小吉は完璧、西村雅彦さんイメージ。なごみ系。歩ちゃんとコンドーくんの船場のシーンはじわ〜と良かったです。2人に期待です。

  • 禿童子 さん

    2002年という近未来ならぬ「近過去」に放送されていたラジオドラマのシナリオ。父親43歳、同年の母親、娘14歳という家族構成は、同時期の我が家とほぼ重なっているので、懐かしいという思いに充たされる。毎回車の中で交わされる会話という設定のホームコメディは、落語のようなドタバタ劇あり、しみじみした思いもあり、いろんな感情を盛り込める。娘の同級生を下宿させるという漫画チックな話もあって、読んでいて声に出して笑うのも久しぶりだった。放送の進行とともに登場人物が少しずつ年齢を重ねていく趣向も面白かった。

  • ととこ さん

    面白かったです♪ コンドー君の声優さんがわからなかったんですが、ハクの人だとわかってからは脳内変換しやすくて楽しめました♪ 解説の高山なおみさんの家族のお話が本編より感動してしまった!

  • miyu さん

    やっぱり昔から木皿泉は面白い。面白くてやがてホロっとして。最後はニコニコしたりする。この家族にコンドー君が絡むことで、さらに面白い。なんなの、こういう普通の生活や人生を意味のあるものに変えてしまう魔法みたいな彼らって。読んでよかった。

  • 瀧ながれ さん

    以前、仕事中にラジオをかけていると、夕方に西村雅彦さんの声が聴こえてきて、短いラジオドラマが始まって、いい感じの音楽で終わって、こらえられずに吹き出したり、ほろりときた涙をこっそり拭いたりしたよなあ、と懐かしく思いました。平田夫妻と15歳の娘と、途中から娘の同級生の男の子が下宿して笑ったりケンカしたり。木皿泉ですから、いいドラマです♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木皿泉

夫婦で共同執筆している脚本家、小説家。ドラマ「すいか」(向田邦子賞受賞)の放送以来、観る者の心にいつまでも残る作品を生み出しつづけ、その台詞は、「座右の銘」「人生に迷ったときに、ふと思い出す」「胸に沁みいる」と熱い支持を得ている。他のテレビドラマ作品に「野ブタ。をプロデュース」「Q10」「富士ファミ

プロフィール詳細へ

木皿泉に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品