こちょこちょあそび あかちゃんのあそびえほん

木村裕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784031311106
ISBN 10 : 4031311109
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,26p

内容詳細

ゆうちゃんがそうっとそうっと近づき、小鳥のピィちゃんや猫のミケをこちょこちょこちょ。くすぐられてみんなはぷんぷん。今度はみんながゆうちゃんを…。子どもの大好きなこちょこちょ遊びを描いたしかけ絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りーぶる さん

    こちょこちょ、は良くやるので、この絵本でも楽しそうに笑います。テンション上がるので寝る前には向かないけれど・・・。(1歳7ヶ月)

  • ハルゴン さん

    1歳7ヶ月。こちょこちょしながら読む。こちょこちょが楽しいらしく大笑い。何度も読んでと持ってくる。こちょこちょって楽しいよね。

  • こいこい さん

    いたずらっ子ゆうちゃん。やり過ぎ注意だよー。最後はみんな笑顔で終わってよかった。

  • BEAN STARK さん

    ごあいさつや、いないいないばあも面白いが、これも喜んでくれた

  • みのさん さん

    【1歳0ヶ月】児童館の親子タイムではじめての読み聞かせ。まだつかまり立ちの子供は、踊りはできない。手遊び歌は逃亡。かけっこはいつもその気がなく親が運ぶ…という事で、楽しめているのか謎な時間。そこに絵本が出てきて、突如豹変、自ら進んで子供達の輪へ。でも周囲を押しのけること確実なので、私のお膝に座らせる。始まるそばから絵本に釘付け。すごい集中力。読み聞かせに合わせてくすぐると、嬉しそうに笑っていた。親子タイムが終わると、高速ハイハイで絵本をゲット。でも、親の読み聞かせの技量の問題か、あっさり興味を失う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木村裕一

ウイングアーク1st株式会社取締役COO。北海道大学文学部行動科学科を卒業後NECに勤務。NEC国内外法人の経営再建を担当した後、事業ライン最年少事業部長に就任し、複数事業の再生・構造改革に携わる。2011年、企業理念に共感し、1stホールディングス株式会社(現・ウイングアーク1st株式会社)に転じ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品