憲法という希望 講談社現代新書

木村草太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062883870
ISBN 10 : 4062883872
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;18

内容詳細

憲法に込められた本当の力とは。NHK「クローズアップ現代」元キャスター・国谷裕子氏との対談を収録。気鋭の法学者がわかりやすく解説した入門に最適の一冊。

目次 : 第1章 日本国憲法と立憲主義(守らせるのは「個人」/ 憲法とは何か ほか)/ 第2章 人権条項を活かす(家族と憲法/ 婚外子の相続分差別 ほか)/ 第3章 「地方自治」は誰のものか(日本の基地問題/ 辺野古移設の法的根拠 ほか)/ 第4章 対談「憲法を使いこなす」には 国谷裕子×木村草太(夫婦別姓問題/ 憲法判断は時代の流れで変わるのか ほか)

【著者紹介】
木村草太 : 1980年神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学助手を経て、首都大学東京都市教養学部法学系教授。専攻は憲法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「憲法は日々を生きる私たちの味方です。しかし、私たちがそれをうまく使いこなさなければ、憲法を活かすことはできません」 ■面白かった☆ とても分かりやすくて「ああ そういうことか!」と。論理的で抑制的なので、リラックスして気軽に読めました。■前書きで学術全般の意義について言及してるのも大事な事だよね。私達は、細かいことまで理解できていなくても「興味を持ち続ける」ことが大切。現実社会を見誤らない様に、暮らしを安寧に導くために、「憲法」がより身近になる良い本でした ( ' ᵕ ' ) (2016年)(→続

  • keiトモニ さん

    意味不明なバベル九朔と違ってよかった。国谷裕子が対談相手➤“彼女はNHKクロ現キャスターで活躍、VTRリポートでの疑問や課題をゲストにぶつけ、視聴者の期待に応える”☜実はそうではなく、彼女はヤラセVTRを何の疑いもせず疑問課題を知ったかの様にぶつけ、ヤラセが判明すると涙で白を切る。彼女は”世論調査では改正論議が高まるにつれて改正は必要ないという声が高まる状況です“と…またヤラセ報告を鵜呑みにしたクロ現の二の舞かよ。先生!解散権憲法改正論議でなく国家存立が問われる参院定員1県1人確保議論が先ではないですか。

  • けんとまん1007 さん

    改めて憲法とは何かを考えた。憲法というと、いくつかの条文を知っているだけで、今回、再認識するのにピッタリの1冊。何より、わかりやすいのがいい。憲法の意味、立ち位置によって、こうも変わるのかと思う。もともと、今の政治家のことは信用できないと思っているが、それを裏付けることもできる。これは、メデイアの責任もある。憲法という希望・・このタイトルに込められた木村さんの思いは、とても大きなものがある。それを、自分も見習いたい。

  • そり さん

    日米地位協定という条約により、アメリカには排他的管轄権があるとされている。これにより、米軍ヘリが墜落しても地元の消防などは近寄れない。また、基地内の土壌を汚染するようなことがあっても、返還時、元の状態に復旧する義務もない。つまり、地方自治は大きく制限される。軍の機密なのだから仕方ない、としても、それを話し合って受け入れるか、受け入れろと強要されるのとでは違うことだと思う。憲法はかつての国々が犯した失態を反映したもの。憲法があるから、強要されても反発できる。意識する人が増えることで、当たり前が守られる。

  • 樋口佳之 さん

    著者の本を含め、最近読んだ憲法関係の本で一番わかりやすいです。ジュニア新書、プリマ−新書でも大丈夫な記述だと読みました。/夫婦別姓、普天間基地問題を例に著者の「法律構成」を説いた内容で、憲法を力にする具体例を見ることができました。(素人にはその法律構成の実効性の是非はわかりませんけど)/国谷さんとの対談も「クローズアップ現代」を思い出し、もったいない方がテレビから去られてしまったなあと/一点だけ。シリアやイラクなどの現状を第一段階の無秩序(国家以前の混乱状態)とする見方には疑問を持ちました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品