子どもの人権をまもるために 犀の教室

木村草太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784794970343
ISBN 10 : 479497034X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
345p;19

内容詳細

「子どもには人権がある」と言われるが、ほんとうにその権利は保障されているか。大人の「管理の都合」ばかりが優先され、「子どもだから仕方ない」で片づけられてはいないか。貧困、虐待、指導死、保育不足など、いま子どもたちに降りかかるさまざまな困難はまさに「人権侵害」。この困難から子どもをまもるべく、現場のアクティビストと憲法学者が手を結んだ。子どもたちがどんなところで困難を抱え、なにをすればその支えになれるのか。「子どものためになる大人でありたい」と願う人に届けたい、緊急論考集。

目次 : 子どもの権利―理論と体系/ 第1部 家庭(虐待―乗り越えるべき四つの困難/ 貧困―子どもの権利から問う、子どもの貧困 ほか)/ 第2部 学校(体育・部活動―リスクとしての教育/ 指導死―学校における最大の人権侵害 ほか)/ 第3部 法律・制度(児童相談所・子どもの代理人―子どもの意見表明権を保障する/ 里親制度―子どもの最善の利益を考えた運用を ほか)/ 子どもの権利を考える―現場の声と法制度をつなぐために

【著者紹介】
木村草太 : 1980年生まれ。東京大学法学部卒業、同助手を経て、首都大学東京法学系教授。専攻は憲法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちゃん さん

    ツイッターで見かけて、すぐに購入してしまった。うちは死別のシングルの家庭です。今は末っ子と2人で暮らしています。上3人は就職と進学で離れて暮らしています。わたしに何かあったら、この本の中の厳しい状況に置かれた子どもさんたちのように、うちの子どももなるかもしれない。わたしが元気でいなくちゃ、しっかりしなくちゃ、と、気合いを入れ直しました。そんな風にシングル家庭が思わないで済む社会になってほしい。つらい気持ちで成長する子どもが1人でも減ってほしい。生まれて来てよかったと思える人生を歩んでほしい。

  • たな さん

    虐待、里親、指導死、保健室登校、家に帰ることができない10代といった様々な子供の問題に取り組んでいる人たちによる論考集。子どもが自分の考えをどう伝えるか、どうSOSを発するのか、それらの情報をいきわたらせるのか、そして予算と人の確保といった課題が残されている。

  • tellme0112 さん

    良かった…。必読と思う。中学のころの自分に読ませたい。

  • Mao さん

    問題を起こす子供を「困った子供」と捉えるのではなく、安心して過ごせる環境や信頼できる大人との関係性を必要とする「困っている子供」という視点を持ち、関わり続ける大人が必要だ (p96)

  • shizuca さん

    人権、しかも『子ども』の人権。読んでいると目を背けたくなる内容もあるけれど、声をあげてもかきけされやすい、さらに助けての声すらあげられない子どもの多さや彼らの実情を知るためにもとても大事で必要ものだと思いました。たぶん現場ではもっと悲惨なことが起きていると推測。子どもをしっかり守り、彼らが自立することをサポートするために必要な制度や認知、そして『お金』。この本に原稿を寄せた方々の著書を一冊一冊読んでいきたい。LGBTの章は、子どもへの説明をこんな風にしたらわかりやすいな、という内容でとても参考になりました

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品