プラットフォーム経済圏 GAFA vs.世界 トップエコノミストが今を読み解く

木内登英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784296102730
ISBN 10 : 4296102737
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
206p;22

内容詳細

誰が勝つのか―。データ活用“先進国”中国、新戦略で迎え撃つ米IT企業、GDPRで世界をリードする欧州、日本独自の「情報銀行」。元日銀政策委員会審議委員がデータ利用の戦略を解説!

目次 : 第1章 ネットサービスが生む巨額の経済価値と効用(ネットサービスの利用はどこまで進んだか/ 社会的厚生を高めるネットサービス ほか)/ 第2章 経済学で読み解くデジタルプラットフォーマー(プラットフォーマーの戦略を需要・供給曲線で分析/ 無料サービス(フリーミアム)のからくり ほか)/ 第3章 民主主義を揺るがす情報操作とネット規制(米大統領選挙でフェイクニュースが拡散/ 欧州GDPR施行とGoogleの闘い ほか)/ 第4章 データ経済時代の中国型モデルの光と影(データローカライゼーションと中国サイバーセキュリティ法/ ネット監視社会の中国 ほか)/ 第5章 日本型データ活用戦略と「情報銀行」(各国のアイデンティティを反映するデータ活用と規制策/ 日本が主導するデータ流通の国際ルール作り ほか)

【著者紹介】
木内登英 : 野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト。1987年に野村総合研究所に入社後、経済研究部・日本経済調査室(東京)に配属され、それ以降、エコノミストとして職歴を重ねた。1990年に野村総合研究所ドイツ(フランクフルト)、1996年には野村総合研究所アメリカ(ニューヨーク)で欧米の経済分析を担当。2004年に野村證券に転籍し、2007年に経済調査部長兼チーフエコノミストとして、グローバルリサーチ体制下で日本経済予測を担当。2012年に内閣の任命により、日本銀行の最高意思決定機関である政策委員会の審議委員に就任し、金融政策及びその他の業務を5年間担った。2017年7月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tetsubun1000mg さん

    GAFAの事はすでにいろいろな書籍で読んでいた内容でしたが、ヨーロッパでは個人の権利擁護の波に押されているらしい。 今回は中国のネット状況が分かったのが新しい情報でした。 個人情報意識にもかなり違いが有り、そのためスマホでの買い物、決済に抵抗がないようだ。

  • suzannhw さん

    著者は野村総研のエコノミスト.本書は大きく二部構成で,まず,GAFA といったプラットフォーマーが提供する(無料)サービスの経済モデルを説明し政府による規制が損失を生む可能性について指摘し,次に,アメリカ・欧州・中国の情報(規制)戦略を具体的に述べ日本の情報戦略がどうあるべきかについて指摘している. 中国・欧州のデータ活用戦略の違いが対照的に述べられているところが面白い.日本ではまず,データ活用による利便性とプライバシーの漏洩をどこまで許容するかの線引きをするべきだと思う.

  • ルーン さん

    プラットフォーマーは「場」を提供するだけだったが、各国による規制強化の動きに伴い、今後はビジネスモデルの変換を迫られている。私達個人も、個人データの流出のリスクを考えて付き合っていかなければならないと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木内登英

野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト。1987年に野村総合研究所に入社後、経済研究部・日本経済調査室(東京)に配属され、それ以降、エコノミストとして職歴を重ねた。1990年に野村総合研究所ドイツ(フランクフルト)、1996年には野村総合研究所アメリカ(ニューヨーク)で欧米の経済分析を担当。20

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品