クロワッサン特別編集 認知症を生きる 正しく知ることが予防と治療への近道

木之下徹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838751600
ISBN 10 : 4838751605
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
113p;30

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nyaoko@第三次成長期により増量中 さん

    十数年前の辞書を開くと、そこには「介護」も「認知症」の文字がない。これは新聞のコラムで読んだのだが、実際に自分の持ってた高校時代の国語辞典で引いてみたら見当たらなかった。人間が長生きする事を良いとする風潮から、要介護にならない長生きを推奨し、今はいかに認知症にならないか、まるで脅しの様にあれはだめ、これはだめと沢山の情報が氾濫する様になった。母達が認知症になった時、何が出来るのか、少しずつ考えていきたいと思った。身内だから出来るケア、出来ないケア。本当に難しいなぁ

  • サン さん

    認知症になってカッコよく生きている人たちを本にするため、医者監修のクロワッサン特別編集。クリニックに来院した人にインタビューしたり、実際に検査を受けてみたり。ヨシタケシンスケさんとの対談など、認知症についての考え方、捉え方をわかりやすくイメージ出来る。運転免許証や脳トレ、見回りパトロールなど大変参考になった。駅の改札口もゆっくりパスとか作ると良いのかも。ぼんやりとしかわからなかった認知症について捉えることができた!良い本。

  • YOUCO19 さん

    本屋でタイトルが気になり、立ち読みして購入。86歳の一人暮らしの母親が近頃ますます物忘れがひどくなり、認知症を心配していた矢先だった。一番安心した言葉は「物忘れがひどい=老化現象が強まっただけ」という一文。様々な症例が載っているのが参考になった。「娘はよかれと思ってしていることが当人にはストレスでしかなく、それが症状を悪化させる」という文にドキリとした。「生きがいという目標や喜びがある人は強い」←自分自身に覚えておきたい言葉。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品