監視カメラと閉鎖する共同体 敵対性と排除の社会学

朝田佳尚

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766425864
ISBN 10 : 4766425863
フォーマット
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
190p;22

内容詳細

異物を敵視し、不安に揺れる私たち。なぜ監視カメラの急速な拡大が生じたのか。誰がその設置活動を担ったのか。日本社会の監視化の実態を鋭く捉えなおす力作。

目次 : 第1章 監視社会研究再考/ 第2章 監視カメラ表象の変遷/ 第3章 地域における監視カメラ設置の論理/ 第4章 現代の閉じた卜占/ 第5章 地域住民が監視カメラによせる別様の意味/ 終章 開かれた反省性と閉じた反省性

【著者紹介】
朝田佳尚 : 京都府立大学公共政策学部准教授。1978年生まれ。2009年、京都大学大学院文学研究科行動文化学専攻社会学専修単位取得退学。2012年課程博士。京都府立大学公共政策学部講師を経て、2015年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

朝田佳尚

1978年生まれ。最終学歴:2009年、京都大学大学院文学研究科行動文化学専攻社会学専修単位認定退学。博士(文学)。現職、京都府立大学准教授

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品