京都寺町三条のホームズ 祇園探偵の事件手帖 12 双葉文庫

望月麻衣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575522433
ISBN 10 : 4575522430
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
318p;15

内容詳細

夏休みも終わった9月。清貴は、最後の修業先である「小松探偵事務所」で働き始めた。相棒は、なんと永遠のライバルの円生!清貴たちへの最初の依頼は、「私を殺した人物を知りたいんです」という奇妙なものだった。同じ頃、祇園では舞妓へのストーカーと幽霊騒動が起きており―清貴&円生&小松のちょっと危うい3人組が、京都の街をところ狭しと駆け回る!大人気シリーズ、最新作。キャラクターミステリー。

【著者紹介】
望月麻衣 : 北海道出身。2013年にエブリスタ主催第二回電子書籍大賞でデビュー。2016年『京都寺町三条のホームズ』が「京都本大賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カメ吉 さん

    今回は清貴が小松の探偵事務所で修行する。一番しっくりくる適任な仕事な感じでした。相変わらずの慧眼で事件を見抜いていくのは流石で痛快でした。円生との絡みもイヤミもなく楽しめた。小松氏が少し可愛そうでしたが。ただ葵の出番が少なかったのは残念でした。利休の方が出番が多かった…。『拝み屋さん』の澪人が出てきたのは豪華な感があり良かった。どうせなら小春と葵のヒロイン同士の共演もあれば…もっと良いかも。いつかどちらかのシリーズで実現してほしいです。 『万能鑑定士Qシリーズ』でも思いましたが鑑定士と探偵は相性抜群です。

  • よっち さん

    夏休みも終わった9月。清貴は、最後の修業先である「小松勝也探偵事務所」で働き始め、円生を相棒に京都で起こる数々の事件を解決する第十二弾。もはや清貴次第で繁盛具合が左右されつつある探偵事務所でしたけど、自分を殺そうとした犯人探しと幽霊騒動、金庫を開けるための暗号解読と浮気調査といった複数の事件が同時進行する展開で、円生と絡みながら事件の意外な形で繋がる構図を見定めて解決してみせる清貴は大活躍でしたけど、合間に出てきた秋人は相変わらずな感じでしたね(苦笑)清貴も葵もそれぞれ新展開で次巻も面白くなりそうです。

  • ぽぽ♪ さん

    小松探偵事務所への出向な為、今回は探偵モードな内容でした。円生とのコンビも中々新鮮で、小松の苦労もさもありなんですね。葵の出番が少なくて寂しかったかな。円生が葵に対して本気モードになりつつあるのも、楽しみでした。

  • ダージリン さん

    探偵事務所にホームズさんと円生が研修に入るという、私好みのシチュエーションでした(笑)。円生がかなりの勢いでホームズさんの影響を受けている! 面白かったです〜♪ 次の大きな事件?も楽しみです。

  • ゆき さん

    今回の修行先はおなじみの小松さんの探偵事務所ということで、本物のホームズっぽい動きが多かったホームズさん。円生も一緒でそれに振り回される小松さんがちょっと可哀想だった。葵ちゃんの出番は少なかったけど、葵不足になったホームズさんが面白かった。今回は平安神宮に知恩院。知恩院はまだ行ったことがないので行ってみたい。私もホームズさんに京都案内をしてもらいたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

望月麻衣

北海道出身。2013年にエブリスタ主催第2回電子書籍大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品