ネコの本音の話をしよう ワニブックスPLUS新書

服部幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847065583
ISBN 10 : 4847065581
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
服部幸 ,  
追加情報
:
191p;18

内容詳細

自尊心が強く、人に媚びないといわれるネコだから、人がネコの本当の気持ちを読み取れなくても、仕方がないのでしょうか?ことばを話さない動物だから、その本当に望んでいることを飼い主さんが理解できなくてもかまわないのでしょうか?「いいえ、もっと知りたいです」という飼い主さんは、きっとたくさんいます。本当はどうしてほしいのか?どうされるのが望みなのか?ネコの本音、あなたも知りたくありませんか?

目次 : 第1章 ホントはこうしてほしいんです―ネコの本音を知る(ごはんは食べたいときに「何度でも食べたい」/ ネコは魚が好物でしょと「決めつけないで」 ほか)/ 第2章 ナゾだからおもしろいんです―ネコの不思議を知る(「ネコ転送装置」はなぜ実現するのか/ 「ゆっくりまばたき」するのはどんな意味か ほか)/ 第3章 じつはこんな悩みがあります―ネコのがまんを知る(抱っこしたいなら「もっと上手に抱いて」/ 小さい子どもに「おもちゃ代わりに扱われます」 ほか)/ 第4章 もっと幸せになるために―ネコの幸福を知る(日本はもうじき「ネコの国」になる?/ ネコと人の「ご縁」を大事に ほか)/ Q&A そのギモン、専門医が答えます

【著者紹介】
服部幸 : 獣医師、東京猫医療センター院長、JSFM(ねこ医学会)理事。1979年、愛知県生まれ。2003年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005年より猫の専門病院院長。06年、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。12年「東京猫医療センター」を開院。13年には、国際猫医学会よりアジアで2件目となる「キャットフレンドリークリニック」のゴールドレベルに認定された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 宇宙猫 さん

    ★★★★ 知ってることばかりだったけど、分かり易くていいと思う。

  • ユズル さん

    久米書店で知りました。猫専門の病院が近くにあると心強いだろうなあ。最初の章から納得させられて、ぐいぐい読み進められました。猫好きさん、おすすめです(^_^)

  • ロッキーのパパ さん

    猫専門の動物病院の院長である著者の2冊目の新書。この本も猫と幸せに暮らすためのトピックスが満載で役に立つ。「猫は神様からの贈り物だからいつか返さなくてはいけない」というフレーズはネコ飼いにはグッとくる言葉だ。その日が来るまで悔いがないように暮らしたいと決意した。でもできるだけ先になってほしい。

  • sin さん

    長く猫を飼っているので知っていることばかりですが、「やっぱりそうだよね〜」と納得できることが多かったので、飼い方を知っていて読んでもいいです。挿絵のように使われている猫の写真もかわいい。 難しくなくさらっと読めます。

  • mintia さん

    ネコを飼ったことはないけど、楽しく読むことができた。将来、ネコを飼ったときに役に立ちそうだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品